« 「人間 ダ・ヴィンチ」 - 池上先生 毎日新聞連載 Ⅴ&Ⅵ No.11 | トップページ | Blog Capacity UP! & Last Halloween »

2005/11/01

「人間 ダ・ヴィンチ」 - 池上先生 毎日新聞連載 Ⅲ&Ⅳ No.12

  yukki_pumpkin1今夜は、Halloweenの日ですが、
   皆様の所では 何かされましたでしょうか?
   ジャック・オ・ランタンを作って悪霊退治を
   しなくちゃいけなかったのですが。。ちょっと用が
   あって遅くなりました(^_^;;

  
 でも、今夜も楽しいお話をseedsbookさんの
 
ブログで書かれています。 また、み~ちゃん
  の
ブログでは、魔女がグツグツと何かお料理
  を作っていたり、お化けのリモージュ・ボックスが
  楽しく飾られています!!ご覧になって下さいね!

                Hal_Pumpkin_Carving HallMark    

最近は毎日、レオナルのことで皆様のブログでも
話題が盛り上がっていますが、今夜辺り、その
レオナルドさんがあまりに自分のことで騒がれている
ので、お墓から起きだし、私達の周りをぐるぐる
回ってブログ見学していくかもしれませんねぇ~(^_-)-☆

------------++------ll--------** ------            

池上先生の毎日新聞の記事掲載が気になって
おりますので、本日は2話お届けいたします。

1) 自然に囲まれて 10/12
2) 母への想い 10/18
3) 早咲きの才能 10/20 New!
4) 精神的な愛 10/22   New!
5) 戦争での矛盾 10/25
6) 真の自由人 10/26
7) 不運の画家 10/27

---------*-------------*--------

3) 早咲きの才能 10/20

   当時の芸術工房は、家具も直せば武器の
    仕上げもする何でも屋で作業していました。
  レオナルドは公証人の子ながら正嫡では
    ないので、画業を選び、ヴェロッキオの工房
    に弟子入りしました。この師匠の作品には、
    主要人物以外の適所に明らかにレオナルド
    の手が認められるものがあります。彼が早く
    から才能と開花させ、師の右腕だったことが
    分かります。
    レオナルドはその後、諸国を渡り歩いて制作
    します。自らは少人数で動き、大規模な作品
    を受注すると現地の工房を下請けに雇いました。
    当時、パトロンは総じて支払いが悪く、
    「私を金持ちとでもお思いですか。もう何ヶ月も
     お給料を頂いていませんし、2人の親方には
   自腹を切って払っているのですよ」と嘆く
     レオナルドの手紙も残っています。

       maria_jyutai
             
《受胎告知》 部分
               
  「 レオナルド・ダ・ヴィンチ
                        
 ブルーノ・サンティ著
                                          片桐頼継訳 
                  
                  
書見台はヴェロッキオ作とのことです。
               
                     親方のヴェロッキオは大変面倒見が
                      良かったので、レオナルドは独立して
                      からも長い期間、ヴェロッキオと一緒に
                      協働で仕事をしていた、と池上先生の
                      講演会でお聴きしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4) 精神的な愛 10/22

  レオナルドは生涯独身を貫きました。身軽に
    諸国を渡り歩くことができた反面、同姓愛者
   でないかとも詮索されてきました。確かに無罪
   になったとはいえ、若い頃に男色行為のかどで
   告発されましたし、ある少年を身近に置いていた
   ことも事実です。
  一方、レオナルドが描いた人物像には、優々しく
 美しい男性だけでなく、優美で官能的な女性も、
 中性的な美しさにあふれた謎めいた人物も登場
  します。彼の男性への愛は、優秀な友人の男性美
  を称えたミケランジェロと同じように、純粋に
  精神的な愛だったのかもしれません。
  あるいは、レオナルドには全ての美しいものに
  対する敬意があるだけで、男女の性別など大して
  意味はなかったのかもしれません。

    tenshi_jyutai受胎告知》 部分
               
  「 レオナルド・ダ・ヴィンチ
                  
 ブルーノ・サンティ著
                                    片桐頼継訳 
                  

|

« 「人間 ダ・ヴィンチ」 - 池上先生 毎日新聞連載 Ⅴ&Ⅵ No.11 | トップページ | Blog Capacity UP! & Last Halloween »

レオナルド・ダ・ヴィンチ」カテゴリの記事

コメント

ご紹介ありがとうございます!
ハロウィンが終わってしまって少し寂しいような,ホッとしたような^^;
受胎告知の場面はどの絵画でも好きです。
ダ・ヴィンチは本当にすごい才能の持ち主ですよね~。

投稿: み~ちゃん | 2005/11/01 23:13

み~ちゃん、

コメント、ありがとうございます!

>ハロウィンが終わってしまって少し寂しいような,ホッとしたような^^;

 最後はみ~ちゃんのお陰で楽しいハローウィンを過ごせました。先ほどもお写真を拝借させて打ち上げとさせていただきました!

 本当にご協力ありがとうございます。
 また、クリスマス・ボックスもがんばってくださいませね!!とっても楽しみにしています!!


投稿: Julia | 2005/11/02 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人間 ダ・ヴィンチ」 - 池上先生 毎日新聞連載 Ⅲ&Ⅳ No.12:

« 「人間 ダ・ヴィンチ」 - 池上先生 毎日新聞連載 Ⅴ&Ⅵ No.11 | トップページ | Blog Capacity UP! & Last Halloween »