« * Scotland Halloween Story * No.9 | トップページ | 「人間 ダ・ヴィンチ」 - 池上先生 毎日新聞連載 Ⅴ&Ⅵ No.11 »

2005/10/29

レオナルド・ダ・ヴィンチ展 池上先生(動画Interview)公式HP掲載 No.11

 davinch_back

   davinch

  森アーツセンターで開催中の
   
レオナルド・ダ・ヴィンチ展
の公式HPにいつもお世話になって
おります、池上先生のインタビューが動画で掲載
されております。

  「ダ・ヴィンチを語る

いつもいつもお世話になっている先生がこのように
レオナルドの展覧会で世界的なメディアに乗って
ご紹介されることは、本当に素晴らしくて興奮して
おります!!  

私も先生のシンポジューム講演会新聞の記事
ラジオの放送など毎日のように「レオナルド・ダ・ヴィンチ」
についてご教授していただいて、先日もこのレスター手稿
のレオナルドの直筆の文字を見た瞬間に、レオナルドが
身近の人のように感じるほど感激(レポート)いたしました。

また、「プラート至宝の美術展」でも先生にご一緒に
ご引率していただける機会を得て、ますますイタリア芸術へ
の魅力にもはまりつつあります。先生の素晴らしさを一人
でも多くの方々が知るようになって、芸術に対しても
多くの方がもっと興味をお持ちになることができれば、と
心より今回の掲載をお喜び申し上げます。

最初に、先生の講演会を拝聴した時に、先生の並々
ならぬ芸術に対する真摯で愛情の深さを感じ、また
その表現力の豊かさなどいっぺんにファンになって
こちらでもほとんど先生のことばかり書いております。

これからもきっと追い続けることと思いますが、どうぞ
皆様も先生のブログをご覧になってくださいませ。

  「池上英洋の第弐研究室」

        ikegami
       記念シンポジューム/毎日新聞

|

« * Scotland Halloween Story * No.9 | トップページ | 「人間 ダ・ヴィンチ」 - 池上先生 毎日新聞連載 Ⅴ&Ⅵ No.11 »

レオナルド・ダ・ヴィンチ」カテゴリの記事

コメント

Juliaさん、いつもありがとうございます。

いつもとりあげていただいて感謝しているのですが、以前、HPの容量が云々という話があったので、僕がらみの記事が容量を圧迫しているのではないかと少し危惧しています。大丈夫ですか?

それにしても、Juliaさんの記事を先に読まれてから実際の僕を見てガッカリされる方が続出するのでは(笑

投稿: ike | 2005/10/29 11:03

自分がらみの記事なのでちょっと躊躇しましたが、厚かましくもお返しTBさせていただきました。

投稿: ike | 2005/10/29 12:22

先生、

コメント、ありがとうございます。

>以前、HPの容量が云々という話があったので、僕がらみの記事が容量を圧迫しているのではないかと

  細かい所までお気使いくださいまして、本当に申し訳ありません(*- -)(*_ _)
  こんなに素晴らしいニュースは、興奮しながら夜中に朦朧としながらも一気に書き上げました。今までの先生へのご尊敬と感謝の念を現したかったのです。
  
  容量は本当にギリギリですが、以前の記事を捨てたり整理しながら書いております。でもそのファイル構成がわかりにくくて、かなりいらない画像などが保存されてしまっているようです。記事を削除しただけでは、画像のgifファイルなどは削除されないので、本当はもっと機能的にできれいれば、少しずつ整理しながらできるのに!!と大きくなりすぎてから苦労する結果となってしまいます。

  また、他に移ろうかと思いますが、皆さんとの素敵な思い出やコメントやTBなど沢山あって本当になかなかここから離れられません。
  
 ギリギリまでこちらで書いてみて、また本当に一杯になったら考えてみようと思います。

> Juliaさんの記事を先に読まれてから実際の僕を見てガッカリされる方が続出するのでは(笑
 
 まぁ~~いつもそんなことをおっしゃって。。先日もミケランジェロの気持ちがわかる。。などと舞台でもおっしゃっていたので、なんでかしら~?と思う位、先生は素敵ですよ!! 美人もハンサムも年を取れば若いときのようには行きませんもの。。内面の豊かさと人へのこうしたちょっとしたお気使いのできる方こそこれからの日本の若い方にもお手本として見習って欲しいところです。

 私などなんのメリットもないような人間にもこうしてお優しくしてくださるお人柄こそ、池メン先生です(^_-)-☆

投稿: Julia | 2005/10/29 18:34

こんにちは。
TB&コメントありがとうございました。

あらためて自分がお付き合いさせていただいている方が凄い人なんだと実感させられました。
信じられないことがネット上では起こるものですね。有り難いことです。本当に。


投稿: Tak | 2005/10/30 11:55

Juliaさん、こんばんは
早速、池上先生のインタビューを拝見してきました。このようなことが可能になるとは、本当にネットは素晴らしいと思いました。
最近、美術系のニュースに疎くなっていましたので、このような貴重な情報を教えていただき、ありがとうございました。

投稿: lapis | 2005/10/30 21:39

Juliaさん、こんばんは
僕も池上先生のインタビューの紹介記事を書きましたので、TBさせていただきます。
拙い記事ですが、少しでも多くの人に知っていただきたいと思い書きました。
それでは、よろしくお願いします。

投稿: lapis | 2005/10/31 02:22

Takさん

コメント&TBをありがとうございました。

本当にインターネットのお陰もありますが、こうしてブログを続けてこれたのも実は、Takさんのお力が大きいです。本当にTakさんにも感謝しております。

Takさんのお陰で、池上先生と出会えることができたのかもしれません。Takさんのオフ会でラ・トゥール展へご一緒させていただき、あれからとてもいい方々とお知り合いになれて、それから少しずつ輪が広がって、本当に今では自分でも大きくなってビックリしている位です。

また来月、レオナルド展でもご一緒できたらいいですね!その後に、少し早いですけれど、忘年会っぽい感じで盛り上がったら嬉しいですねヾ(´ー`)ノ

本当にそうなったらすごく嬉しいので、どうぞこれからもお二人の素晴らしい先生方とはよろしくお願いいたします。

投稿: Julia | 2005/10/31 23:02

lapisさん、

コメント&TBをありがとうございました。
今朝ほど、拝見して本当に素晴らしい記事を書いていただいたようで、感激いたしました。

レオナルドもきっと嬉しくて、今夜などハロウィンですからお墓からこちらへちょっと遊びにきて、私達を見下ろしながらニヤニヤしてそうな感じがしますね!!

「みんな自分のために随分、頑張ってくれてるなぁ~!」ってね(^_-)-☆

投稿: Julia | 2005/10/31 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レオナルド・ダ・ヴィンチ展 池上先生(動画Interview)公式HP掲載 No.11:

» ダ・ヴィンチを語る by 池上英洋先生 [Megurigami Nikki]
 現在、森アーツセンターギャラリーで開催中の『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』ですが、その公式HPに我等が(?)池上英洋先生のインタビューが動画で公開されたとのことです。  先生のダ・ヴィンチに関する思い入れや、ダ・ヴィンチが生きていた時代背景からの考察など、それだけでもとても勉強になる内容に満ちています。  インタビューをされた場所は恵泉女学園大学のテラスとのことですが、背後に映る緑がとても美しくて、素晴らしい環境で教鞭を取られている姿が眼に浮かびます。こんな環境で勉強できる学生さ... [続きを読む]

受信: 2005/10/29 10:46

» レオナルド展公式HP [池上英洋の第弐研究室]
レオナルド・ダ・ヴィンチ展の公式HPに、インタビュー記事がUPされたのでご紹介させていただきます。 アレッサンドロ・ヴェッツォージ氏や裾分一弘氏といった世界的なレオナルドの大家、養老孟司氏やビル・ゲイツ氏といった錚々たる面子の中にいるので、若輩者の私だけい....... [続きを読む]

受信: 2005/10/29 12:09

» 高階秀爾氏 文化功労賞受賞 エトセトラ [徒然なるまままに]
美術評論の高階秀璽氏に文化功労者に。西洋美術史(高階秀璽 監修)など、いつか書籍を読んでいるので(別に直接存じ上げている訳では勿論ないですが)一寸だけ嬉しい。(どうでもいいことだが、森光子氏が文化勲章とはピンと来ない。1700回以上上演した代表作「放浪記」が「国民的な舞台」だそうだが。。。) KumakumaさんのBlogに足立美術館の話題を発見。足立美術館では、11月30日まで開館35周年記念の横山大観名品展を開催中とのこ... [続きを読む]

受信: 2005/10/29 15:56

» 西洋美術史研究家・池上英洋先生ダ・ヴィンチを語る。 [弐代目・青い日記帳]
イタリア留学から帰国され、現在恵泉女学園大学助教授として 教鞭をとる傍ら数々の絵画関連のお仕事もこなしていらっしゃる池上英洋先生。 (池上先生のblog「池上英洋の第弐研究室」) こうして肩書きを書くと、とてもとても遠い存在のような感じがしますが、 インターネットの恩恵を受け、こんな私でも池上先生とお話させていただいたり 展覧会にご一緒させていただいたり、はたまたジョッキで乾杯![:ビール:] なんてことをさせてもらってます。有り難いことです。 (「ありがとう」の語源「有る事が難し... [続きを読む]

受信: 2005/10/30 11:48

» レオナルド・ダ・ヴィンチ展@森アーツセンターミュージアム [Megurigami Nikki]
 六本木は森アーツセンターミュージアムで開催中の『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』へ行って参りました。レオナルド・ダ・ヴィンチと言えば一般に《Mona Lisa》(1503–1507)の画家、そして「万能の天才」という通称で親しまれている、ヨーロッパのルネサンス期を代表する画家。  ただしこの展覧会に出品されているのは、副題に『直筆ノート「レスター手稿」日本初公開』とあるように、レオナルドの記した謂わばメモ帳の方。  なぜこの文書がこれほどまでに貴重な存在として扱... [続きを読む]

受信: 2005/10/30 19:42

» レオナルド・ダ・ヴィンチに関する興味深いサイト [カイエ]
レオナルド・ダ・ヴィンチに関する興味深いサイトを2つほど紹介したいと思う。 いつも美術関係の情報でお世話になっているJulia さんから、「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」の公式HPで、池上英洋先生のインタビュー動画が公開されていると教えていただいた。池上先生は、拙ブログにもTBやコメントをいただき、大変お世話になっている方である。とても、興味深いインタビューなので、まずは以下のサイトをご覧ください。      ダ・ヴィンチを語る     第6回 西洋美術史研究者         恵泉女学園大学 池上英... [続きを読む]

受信: 2005/10/31 02:16

» レオナルド・ダ・ヴィンチ展 [徒然なるまままに]
レオナルド・ダ・ヴィンチ展  直筆ノート「レスター手稿」日本初公開 平日割引で表記に行く。まずは、レオナルド・ダ・ヴィンチLeonardo da Vinci(1452〜1519年)レスター手稿The Codex Leicester(1505、1507ー1508年)の解説のコーナ。ここは池上先生のビデオ解説、多くの皆様のBlogで予習させていただいていたので、フムフムと見てまわる。左利きなのでデッサンの影のつけ方が違うという説... [続きを読む]

受信: 2005/11/06 22:22

« * Scotland Halloween Story * No.9 | トップページ | 「人間 ダ・ヴィンチ」 - 池上先生 毎日新聞連載 Ⅴ&Ⅵ No.11 »