« ☆ブログ開設一周年☆ | トップページ | ダ・ヴィンチ展:記念のシンポジウム 200人熱心に No.2 »

2005/09/21

記念シンポジウム 「レオナルド/天才の挑戦」 No.1

いつも大変お世話になっております池上 英洋先生
が司会・進行をご担当された
 記念シンポジウム 「レオナルド/天才の挑戦」
をTak様(もう素晴らしいレポート・アップです)、
エッセイ室のYukoさんとご一緒に拝聴して参りました。

仕事の関係で少し遅刻してしまいましたので、
先生の基調講演が始めの方は聞けずに残念
でしたが、イタリア人のレオナルド研究家3人
のレオナルドに対する熱き思いはしっかりと
伝わってきました。ただ、内容がかなり専門的で
同時通訳の方々も訳すのが大変そうでしたので
あまり完全に理解することができずで、こちらも
ある程度レオナルドの知識がないとついていく
のは難しい高度なレクチャーでした。

会場はもう満員で熱心にメモを取っておられる
年配の女性もいて皆さん、真剣に聞き入って
いらしゃるようでした。私もメモを取りましたが
上記のとおり、あまり理解できていない部分も
あって不安ですが、概要だけでも書かせて
頂きます。

来週の27日(火)板橋区立文化小ホールで
先生の講演会(こちらももう満員です)がある
ので、先生の基調講演の内容についてはまた
その時に詳しく書かせていただきます(*- -)(*_ _)

最初のヴェッツォージ氏が今回は一番詳しく
レオナルドについて語っておられました。箇条書き
ですが、どうぞご参考までに。。。

 1952年、レスター手稿は人前で初めて
 たった2ページだけ公開された。
 レオナルドについて指紋(DNA)もはっきりと
  確認されていて、人間性なども研究されている。
  飛ぶことを一生懸命考えていた。
   熱気球やエアーラグなどを考案していた。
  科学者でもあり機械工学者でもある。
  360度レオナルドをみていかなればいけない。
  「ラ・ヴィンチ」(赤紫の柳のような?)の植物は
  レオナルドの象徴としてよく描いた。
  知人がインドへ行った話しを聞いて、想像上で
  インドへ旅しているような絵を描いた(潜水夫、
  水上スキー、水面を歩く人間、など)。
  東洋の北斎とも類似点がある。
  天文学についても考案している。
   500年前に「月には水がある。」NASAが10年前に
   発見したというのに。。
  ジョコンダについては、1513年に完成したと見なして
  いる。
  データ通信、そのうちに遠くの国も近くにいるような国
  になる。まさに、このようなシンポジュームのように。

すいません。。長くなりましたので続きはまた後ほど。。
少し間を置くかもしれませんが、必ず残りは書きます。

 もう少しだけですが、まとめてみると、こちらの研究者
  の方々は、レオナルドを守るつもりでいる。「ダ・ヴィンチ・
  コード」に書かれていることが真実でもないことが多く
  本を売るように面白く書かれている。彼はただ、自然を
  強く愛して、それを絵にしたかったことと、機織機などの
  技術考案を次々発明し機械を便利にみんなが使い
  易いように考えていた。特に鳥を観察するのが好きで
  どうやって空を飛べるかを考え模型などを造ってみた。
  計測器や温度計なども発案した。今、私達がコンピュータ
  で便利に科学的に利用している機械製品も元はといえば
 過去からのこうしたレオナルドのような機械工学的な
 発明により少しずつ蓄積されたもので、突然、便利な
  機械ができたわけではない。レオナルドは芸術史の中で
  偉大なデザイナーである。レオナルドの作品をむやみに
  修復すべきでないし、レオナルドについて誤解がある
  場合は3人で戦っているのである。

シンポジュームの後は、先生ご夫妻と先生の後輩にあたり
現在、NHK「趣味の園芸」の編集をご担当されている
中嶋様、Tak様ご夫妻、Yukoさんと私とで軽くお食事を
させていただきました。
先生は毎日が大変、充実されているようで輝いていました。
また、来月の中旬には一般の人たちも生徒さんとご一緒に
鑑賞会ができるように設定してくださるそうです。日程などは
大体、金曜日の夜か土曜日の午後辺りで確実なことは
後日お知らせくださるそうです。また、確定次第、こちらで
お知らせしますので、ご一緒に参加されたい方はどうぞ
コメント覧でもメールでもBBSでもご連絡くださいませ。

本当は雲の上のような存在の先生なのに、いつも私達に
暖かく接してくださって感謝の言葉もありません。奥様も
本当にマリア様のようにお優しい素敵な方です。ブログを
続けていて本当に幸せだ、としみじみと帰りがけに思い
ました。続きは後ほど。。

|

« ☆ブログ開設一周年☆ | トップページ | ダ・ヴィンチ展:記念のシンポジウム 200人熱心に No.2 »

レオナルド・ダ・ヴィンチ 」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
TBありがとうございました。

昨夜ほど充実した時間を過ごせたことは
中々ないかと思います。

楽しい時間を有り難うございました。

投稿: Tak | 2005/09/21 22:46

Takさん

コメント&TB、ありがとうございます。

>昨夜ほど充実した時間を過ごせたことは
中々ないかと思います。

  こちらこそ、Takさんの素晴らしい感想文であのシンポジュームの格調高いことが皆様にお知らせすることができてよかったです。
私のレベルでは表面的な解釈しかできないので、さすがTakさんの洞察力や構成力、恐れ入りました(*- -)(*_ _)

  池先生、本当に素敵な先生ですよね!池先生、Takさんと同席させていただいただけでも光栄のことと思っております。

  お二人とも今、私にとってもいろんな面でお師匠様なので、これからも末永くお付き合いいただけますようお願い申し上げます。

  Takさんのお陰でここまでこれたブログ生活でしたので、これからも素敵な輪が広がるといいですねヾ(´ー`)ノ


投稿: Julia | 2005/09/21 22:55

Juliaさん、昨夜は皆さんとしばし語らえて、実に良き日でした。ありがとうございました。

ところで一周年おめでとうございます!

4月から主として受講生さんを想定して書き始めましたが、まさかこのようにさまざまな方々との楽しい出会いがあるとは思いませんでした。JuliaさんのBlogに出会えて幸運でした。
これからも楽しい記事をどうぞ続けてくださいね!

ところで容量の話がありましたが、Livedoorだと2ギガあります。そこで第二部を継続されるという手もありますが、ただ更新が重かったりコメントなどの反映が遅いなどの弱点があります。

投稿: ike | 2005/09/22 00:23

池先生、

本当に本当にいつもありがとうございます。
先生のような雲の上ような存在の方がこのように自然に接してくださるのもブログのお陰ですが、こちらこそ奥様はじめいつもよくしていただいて感謝申し上げます。

これからも池先生の大ファンであると共に応援団の広報担当を務めさせていただきます!!

相性の悪いLivedoorに移行するアイデア、いいですね!また週末にでも考えてみます!!
そうしたら、いつもTBが飛びすぎることもなくなりますものね(^_-)-☆

毎日新聞のHPにも大きく記事が掲載されましたね!早速今、5分でアップしました!

今度はもう少しレオナルドが理解できると思いますので、来週の先生のご講演も楽しみにしております。

投稿: Julia | 2005/09/22 00:41

Julia さん、こんばんは
拝見したところ、素晴らしいシンポジュームだったようですね。
レオナルドが、500年前に「月には水がある。」と指摘しているとは驚きでした。
「ダ・ヴィンチ・コード」は未読なのですが、それほどレオナルド像を歪めるという悪影響があるとは思いませんでした。
僕の感覚では、小説はフィクションという認識がありますが、そう思わない人が多いと言うことでしょうか。

素敵な一時を過ごされたようで何よりでした。

投稿: lapis | 2005/09/22 01:22

lapis様

いつもコメントありがとうございます。

まだまだ、沢山書くことが残っているので、週末にでもアップいたします。ただ、やはり直接日本語で聞けないのと自分もレオナルドに関する本を一冊でも読んでいかないと本当の所はきちんと書けない怖さがあります。

それからlapis様が左利きとおっしゃっていたことは本当だそうです。レオナルドは右手が弱っていることもあったそうですが、両手を上手く使えて、両方からのデッサンができる人だったと池先生もお食事の時におっしゃられていました。

「ダ・ヴィンチ・コード」の上は大変おもしろいですが、下はちょっと。。。途中でストップしてしまいました。手稿のテキストが一度、ビルゲイツによって英語に翻訳され1000冊だけアメリカで販売されたことがあるそうです。大変高価ですぐに売り切れてしまったそうですが、今回ご出席されたイタリアのパネリスト側でもなんとか購入することができたそうですが、大分交渉して博物館に展示してあるとか。。少しその辺もはっきりと聞き取れませんでしたが、あのテキストの内容は興味がありますね!

>レオナルド像を歪めるという悪影響があるとは思いませんでした。

  またそれについては詳しく書けたらと思いますが、パネリストの方々はレオナルドが自然を鋭く観察して、それを元にいろいろな機械工芸品や宇宙的な発想で模型を造ったり描いていたことなど全然あの本では書かれていなかったことを強調したかったようです。


>素敵な一時を過ごされたようで何よりでした。
  ええ!それは池先生やTak師匠のビックなお二人と過ごせることは美術愛好家としてはこの上ない幸せな時間を過ごせました。

またご報告いたしますね!
  

投稿: Julia | 2005/09/22 08:24

とても盛り上がった講演会だったようですね。出張ばかりで、27日も参加できず残念です。URLは、先般見てきたAltePinakotekのDa Vinciです。

投稿: ak96  | 2005/09/24 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/6043695

この記事へのトラックバック一覧です: 記念シンポジウム 「レオナルド/天才の挑戦」 No.1:

» 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」記念シンポジウム [弐代目・青い日記帳]
15日から森アーツセンターで始まった 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」直筆ノート「レスター手稿」日本初公開に 関連した記念シンポジウムが今夜アーク森ビル20階国際交流基金・国際会議場にて開催されました。 blogでお世話になっている「池上英洋の第弐研究室」の池上先生がパネリストとしてご参加なされるとあって、お話を拝聴できるよい機会ですので、眠くならないようにコーヒーたっぷり飲んで私もシンポジウムに参加して来ました。 主催の毎日新聞社がどれだけこの展覧会に力を注いでいるかは、今回... [続きを読む]

受信: 2005/09/21 22:44

» レオナルド・シンポジウムを終えて [池上英洋の第弐研究室]
シンポジウム「レオナルド/天才の挑戦」は昨夜無事終わりました(→毎日新聞記事)。 来ていただいた皆さま、ほんとうにどうもありがとうございました。そして毎日新聞社、イタリア大使館はじめ関係者の方々、パネラーの皆さま、おつかれさまでした。ありがとうございまし....... [続きを読む]

受信: 2005/09/22 00:02

« ☆ブログ開設一周年☆ | トップページ | ダ・ヴィンチ展:記念のシンポジウム 200人熱心に No.2 »