« ☆ 空の交換会 ☆  | トップページ | 不思議な絵の作者は誰でしょうか? »

2005/09/13

「月々の図」ブリューゲル-暗さの文化論 No.3

  

     brueghel_snow00

Seedsbookさんが素晴らしい
     「
空からの挨拶記念写真集
を掲載して下さって、帰宅早々、大興奮して
おりましたが、またまた、そのヨーロッパの空
に関連する話題で、「徒然なるままに」のak96様が
   「
ブリューゲル「雪中の狩人たち」と小氷河期」と
題して、「フランスに揺られて」のPaul様の
   「
ブリューゲル - 古気候学
の記事と
拙記事を繋げて下さり、さらにヨーロッパ
の気候とそれに関連する絵を詳細に渡って解説して
下さった記事を拝読をさせていただいて今日は、まるで
ヨーロッパの空の下にいるような気分で高揚しっぱ
なしであります。

そのak96様の記事に、このような質問が書かれていました。

6月にウィ-ン美術史博物館を訪れた時のブリューゲルの
部屋の感動を思い出す。(あまり確かでないが)世界で
始めて雪景色を描いた絵画と説明があった記憶がある。
3部作だったと思い返し、カタログを読み返すと、現存する
5つの作品のうち、3つの作品がウィ-ン美術史博物館に
展示されているとのこと。雪に触発されて、この連作を
書き出したのか気になってきた。Wiki Pedia英語版によれば、
 
 中略

という順に作品リストがあった。ということは、雪景色から
書き始めた連作だったのだろうか。どなたかご存知なら
ご教授願いたい。

それに回答するには、乾 正雄氏の本
夜は暗くてはいけないのか-暗さの文化論
から「寒かったブリューゲルの時代」の章に書かれていた
ことを抜粋してみますが、作者も確実には分かっては
いないようです。

 順序として、まず白いことを取り上げよう。
  今でこそ、われわれは雪景色の絵を珍しいとは思わないが、
 この絵以前には、雪景色は書籍の挿絵に描かれる程度だった。
 1565年と記されている、117x162センチと大きなこの
  絵は、もっとも早い時期の本格的な雪景色の絵に属する。
 ウィーンのたくさんの絵の中で、白いことが目立つわけだ。
 
 この絵は、アントヴェルペンの富裕な商人の邸宅に飾られた
  「月々の図」の中の一枚だそうだ。「月々の図」のシリーズ
  が12枚だったのか、2ヶ月ずづを一枚に描いた6枚だったの
  かは議論が分かれるが、最近は6枚説が有力らしい。現存
 しているのはウィーンに3つ、ニューヨークに1つ、
 プラーハに1つの合計5枚しかなく、7枚も失われたとする
 よりも、一枚だけなくなったとする方が自然だからであろうか。

 それよりも、この雪景色が何月のものかは問題である。これには
 年末説から、1月説、2月説、1・2月説まであるが、感覚的に
 は、1月か2月がぴったりだ。ただし、私が最後にウィーンの
 美術史美術館へいったときのこの絵の説明には、
 「全シリーズの中で、この絵は、以前考えられていたように
    最初のものではなく、最後のものである。狩人たちは手前から
    入り、鑑賞者から遠方へ歩み去る。一年は終わったのである」
 とあった。これは、この絵が「12月」だといっているのだろう。
 
 しかし、それにしてはこの景色は寒々としている。寒い国の雪は
  早いし、私自身のささやかな経験でもベルリンで11月始めに
 30センチも積もる大雪にあったことがある。しかし、
 そういうときの人々が「早すぎるよ」と言ってあわてふためく様子
 と、この絵のように、用意万端整って今まさに人々が真冬を雪の
  下ですごしているという情景とは違う。私は歳が明けてからの絵と
 見る説の肩をもちたいように思う。
 

  かりに厳冬期の2月としても、この絵の雪と氷は、フランドルの
 平野部ではめったにないほどのすごさだ。ブリューゲルの時代は
  実は今よりも寒かった。以下、小氷河期の説明が続く・・・

 フランドル地方の日没は冬至で午後4時頃である。これを冬至の
 絵とすると、日が短い割りに漁師の帰りが早すぎるし、逆に
 氷上で遊ぶ人々はのんき過ぎると感じる。しかし、日没は2月
 上旬なら午後5時になる。日が長くなり始めた時の夕方の
 爽やかさはたとえようのないものだし、とくにヨーロッパでは
 日の長くなるスピードが速いので、人々はそれをはっきり意識
  する。日没は午後5時でも地上の明るさは5時半までは残るから、
 猟師が5時前ごろかえってきたとして、日の長くなりつつある
 夕方、氷上に遊ぶ人々がまだ大勢いるのはちっともおかしくない。

 と大分長くなりましたが、ak96様のご質問と少しずれましたが
 この絵は2月頃でシリーズでも終わりの頃に描かれたと作者は
  考察されているようですので、もしかしたら、春から始まって
  冬で終わっていたのかもしれませんね。

 ブリューゲルの絵から想像することはたくさんあるようです。
 また、私も美術図書館へ行って、このブリューゲルの絵に
  ついて書かれている本があれば探してみます。

 暗さの文化論シリーズもボチボチ、続けて行きたいと思います。
  ブリューゲルのこの絵から私達は何を学び取るかですが、
 異常なハリケーンや津波が襲ったりする現代の温暖化現象から
 起因する様々な異常気象も、小氷河期があったように今は
 地球も熱帯期にでも入ったのでしょうか?もっと地球規模で
  それこそSeedsbookさんの企画のようにグローバルに
 自然と向かいあうプロジェクトができてもいいように思います。

 さてさて、明日から、少し遅い夏休みで土曜日まで留守に
 します。いつも多くの方々がご訪問いただきまして本当に
  嬉しく思っております。素晴らしい方々が拙ブログを支えて
 下さっていることにこの場を借りまして御礼申し上げます。

  TB&コメントなどどうぞご遠慮なく残してくださいませ。
  今後ともよろしくお願いいたします(*- -)(*_ _) Julia

 

|

« ☆ 空の交換会 ☆  | トップページ | 不思議な絵の作者は誰でしょうか? »

暗さの文化論」カテゴリの記事

コメント

早速、疑問に対する記事の回答をしていただきありがとうございます。

ウィーン美術史美術館では、3枚のシリーズのうち一番右にあったのは、覚えているのですが。説明は覚えていなく残念です。

本、読んでみます。

投稿: ak96  | 2005/09/14 01:13

ak様

コメント、ありがとうございます。

長々と書きましたが、あの部分がこの絵を説明する上でも重要だと思いましたので、ご紹介いたしました。

本当に実際に観てみたくなりますね!

投稿: Julia | 2005/09/14 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/5931125

この記事へのトラックバック一覧です: 「月々の図」ブリューゲル-暗さの文化論 No.3:

« ☆ 空の交換会 ☆  | トップページ | 不思議な絵の作者は誰でしょうか? »