« 60年後に公開された米記者の原爆記事 | トップページ | <原爆展>8/5-30 パリ市庁舎で開催 »

2005/08/07

マティス - Phillips Collection No.6

この週末も暑くて展覧会へ行くことが
できませんでした(/_ ;) 鑑賞する前に
熱波でダウンしそうなこの頃です。
皆様もどうぞあまりご無理なさらず。。

さて、先週の金曜日に行きました
フィリップス・コレクション展の続きですが、
クレーやカンディンスキーやピカソの作品
が展示してある現代アートの部屋で、最後
に展示してあったのが、このマティスの作品、
エジプトのカーテンがある室内」でした。

  matice

最初、観た時はあまり感動しなくて、マティス
が黒をこんなに使っていたかしら~?と思って
通り過ぎてしまったのですが、最近になって
クレーの絵をよく観るにつれ、その色彩の妙味
が放つ美しさにだんだんと魅了されてしまい、
この絵を再度観た時は、やっぱりマティスはすごい!!
と79歳にしてこの大胆な構図と色使いに恐れ多い
気持ちが沸いてきました。

黒のカーテンにあるアップリケのデザインは、この
作品を描いた頃から6年後の死を迎えるまで、
マティスの心を占めた「切り絵」ののひとつだった
そうです。大胆で何か動植物が動めいているよう
なこういう画風をフォーブというのでしょうか・・?
とにかく南仏の明るさが窓からも感じられて、
観ていてこちらも明るくなってくるような楽しい絵
ですね!

晩年にかけて絵筆を持てなくなってしまった
マティスですが、それまでは、
  「線描と色との永遠の戦い
と絵画を描く上でもいろいろと挑戦してきた
そうですが、切り絵によってその戦いにも
ようやく終止符を打つことができたようです。


下記は、マティスの切り絵のシールです。
私はこのマティスの「JAZZ」シリーズが
大好きです!躍動感があって、単純な線
なのに、色とのバランスが絶妙ですよね!

   matisse

そして、今、ニューヨークのメトロポリタン美術館で
  「
Matisse: The Fabric of Dreams
が、9/25まで開催されています。

マティスの生涯に渡るテキスタイルのコレクション
の一部が公開されて、中近東や北アフリカの織物
の柄から影響を受けた作品などが約75点展示
されています。そういえば、マティスの作品には
女性の布地などが特徴ありますよね。私も好きな
「夢」という作品のブラウスもルーマニアのブラウス
からヒントを得て描かれているそうです。それぞれ
影響を受けたガウンやブラウスなども絵と一緒に
並べて展示されているそうですので、行って見たく
なりますね(゚-^*)ノ 

 matisse_textiles_big

                dream  
                 The Dream, 1940     

New York Art.com
 マチス:ファブリック・オブ・ドリームズ展
をご参考くださいませ。  
            

☆連休時に観にいきましたマティス展です↓

 とっておきのマティス展 - 金刀比羅宮

アンリ・マティス作 『ロザリオ礼拝堂』

ミュージアム・クリスマス in 国立西洋美術館

|

« 60年後に公開された米記者の原爆記事 | トップページ | <原爆展>8/5-30 パリ市庁舎で開催 »

Phillips Collection 」カテゴリの記事

コメント

マティスは本当に色が生き生きと輝いていますね。
少し前のマティス展、きっとJulia様も行かれたことでしょう。
今うちの冷蔵庫には、今秋くるプーシキン美術館の金魚のポスターを留めてあります。

投稿: juil | 2005/08/09 01:00

juilさん、

遅くにコメントをありがとうございます!

もちろん、前回のマティス展には行きましたが、すっごく混んでいまして残念ながらあまりゆっくりと鑑賞できませんでした(^_^;

でも、マティスの最初の奥様がとてもきっちりとした方なので、マティスに普通の写実的な絵を強要していたので、マティスも本来の絵が描けなくて苦しんでいたのですから、彼女と別れてから急にフォービズムになった辺りの変化が詳細にわかって面白かったです!それにマティスてすごくきちんとした学者さんみたいにスーツを着て、真面目に絵を描いていたんですね!当時の写真を観て意外でした。

プーシキン美術館もポスターが大きくてすごいですよね(^_-)-☆

投稿: Julia | 2005/08/09 01:29

私もフィリップスコレクション展に行ってきました(^^♪
別室でちょうど中国展が行われていたので
美術マニア(の卵)+中国考古学マニアとして得した気分でした。
マティスの作品は、日本の湿気の多い夏の日差しとは違った、
からっとした地中海的明るさが感じられて
非常に居心地の良い絵だと思いました。
ちょうど六本木ヒルズのショッピング街が蒸し暑かったので対照的(?)
カンディンスキー、クレー、マルク、ファイニンガーの
作品も良かったです。
持って帰りたい絵は?
と聞かれたら、まずカンディンスキーの「全体」を挙げます。
勿論、「舟遊びの昼食」、近代以前の作品も
良かったです。グレコなど。
夏以降、しばらく美術展に行くことが出来なく
なりそうですが、
今夏の間、視野を広げていきたいな、と思っています。

投稿: Mei | 2005/08/15 15:27

Meiさん

素敵なコメントを有難う御座いました!!

>からっとした地中海的明るさが感じられて
非常に居心地の良い絵だと思いました。

 そうですよね~!Meiさんのおっしゃる通りあの豪快な画風が「地中海的明るさ」と表現できるのでしょうね!!

>カンディンスキー、クレー、マルク、ファイニンガーの作品も良かったです。

 最後のあの部屋は中々素晴らしい絵がそろっていますよね!ダンカン氏の目はやっぱり確かですね!それに基本となる色がアースカラーだったようで、何気に統一感があるようです。自分のお部屋に飾るのですから、やっぱりその辺も考慮されているのかな?と感じました。

>今夏の間、視野を広げていきたいな、と思っています。
 ええ、ぜひモロー展も行かれて見てくださいね!全然雰囲気が違いますが、何かじっくりとこちらに語りかけてくれます。

また、ぜひMeiさんの快活なコメントを書いてくださいませ!楽しみにお待ちしております。

 

投稿: Julia | 2005/08/15 23:50

このマティスは本当に絶品でした。
去年だったか西洋美術館でマティス展が開催されましたが、
その時あまりピンと来なかった私でも、
この作品の素晴らしさには心打たれます。
黒をここまで美しく見せる作品はなかなかないですよね。

それにしてもこの展覧会は、予想以上の名品揃いで見応え十分でした。
一回きりでは勿体なかったと思うくらいです。

投稿: はろるど | 2005/08/21 22:32

はろるどさん

こちらにもコメントを書いてくださってありがとうございます!!

このマティスは本当に絶品でした。

 はろるどさんもお気に入りのようでよかったです!!私も実の所、マティスをあまり理解できないでおりましたが、夏にマティスの小さな展示会(金比羅山)を観てから、だんだんと良くわかるようになり、今では彼の色に虜になっています!

 昨日のオークラの展示会でもマティスの絵葉書があったのでそれを購入してしまった位です。

 あの大胆な構図を描く画家がとても生真面目な性格な方で、
 「何か辛いことがあっても他の良い面を
  考えていく。」と言われていたそうですが、
そのような言葉が絵に反映されて私達に明るい光をかざしてくれるかのようですね!

>それにしてもこの展覧会は、予想以上の名品揃いで見応え十分でした。
  
 本当にそうですね!9/4までですから、私も最後に駆け込んで観に行ってしまうかもしれません。1回目と2回目ではまたぐっと絵を観る印象が違ってくるものですから、3回目はまた他の作品にも惹かれるかもしれませんね!

投稿: Julia | 2005/08/21 22:51

新聞の番組表を見ていたら、このようなものが
ありました。
NHK教育テレビ 10:00~10:30
「世界美術館紀行 ロシアに咲くマティスの花園 ダンス秘話」
確か予告編ではエルミタージュ美術館だったと
思います・・・。
すでにご存知でしたらすみません。

投稿: Mei | 2005/09/09 18:28

Meiさん

教えてくださって、ありがとう!
「世界美術館紀行」はいつも観ようと思ってもなぜかいつも忘れてしまうので、今日はMeiさんのお陰で注意していたので、観ることができました(*- -)(*_ _)

シチューキンとマティスとの関係が良くわかって、「プーシキン美術館展」も楽しみになってきました。シチューキンの居間は豪華ですよね!モネが13枚でしたっけ?凄いですよね!
ズラーと印象派の絵画を飾っていたなんて、なんて贅沢なことでしょう!!

私はあまりテレビを観ない方なので、また何か美術番組で気がついたら教えてくださいね。今日はどうもありがとう~(゚-^*)ノ 

投稿: Julia | 2005/09/09 22:51

ああ・・・私のほうは学期初めのストレスで体調が悪くて
10時頃には寝込んでしまいました。
その代わり(?)
クラシック音楽聴きながら「谷口吉生のミュージアム」
読んでいました。
展覧会自体は行っていないのですが・・・。少し無理した甲斐はありました。

番組逃して少し残念・・・。

投稿: Mei | 2005/09/11 12:03

Meiさん

コメントありがとうございます。
学期始めは何かと疲れますよね。。
でも、もうすぐ涼しくなると思うので、お勉強など頑張ってくださいね!

それが、再放送あるみたいですよ!
 09月17日(土) - 午前 05:15 ~ 午前 05:40 - デジタル総合テレビ 世界美術館紀行 「ロシアに咲くマティスの花園~エルミタージュ美術館(2)」

朝早いので、ビデオでも録画設定しておかれるといいかも?しれませんね。
まぁ~あまり無理なさらずにまた、プーシキン美術展が始まる頃には、いろいろと紹介されるでしょう!

投稿: Julia | 2005/09/11 12:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/5354929

この記事へのトラックバック一覧です: マティス - Phillips Collection No.6:

» ルクセンブルグ美術館 − MATISSE: UNE SECONDE VIE [フランスに揺られながら]
昨日の午後、嵐が去った後ゆっくりとマティス展 « Matisse: une seconde vie » を見に Musée du Luxembourg へ出かけた。昨年東京の展覧会で見ているので2度目になる。5時前に着き、約1時間。今回は、コンパクトにまとまった、焦点の絞られた展覧会であった。 Henri Matisse (1869-1954) 会場に入ると、まず André Rouveyre (1879-1962; ... [続きを読む]

受信: 2005/08/08 23:01

» 「フィリップス・コレクション展」 森アーツセンターギャラリー 8/10 [はろるど・わーど]
森アーツセンターギャラリー(港区六本木) 「フィリップス・コレクション展 -アートの教科書- 」 6/17〜9/4 アメリカの実業家の家庭に育ったダンカン・フィリップスが、個人的なコレクションとして集めた名画の数々。そのコレクションの中核であるルノワールの「舟遊びの昼食」など、新古典主義からキュビズムまでの絵画、約60点近くが公開された展覧会です。「アートの教科書」のサブタイトルの通り、作品を鑑賞しながら絵画史を概観でき... [続きを読む]

受信: 2005/08/21 22:27

» フィリップス・コレクション展 [青色通信]
フィリップス・コレクション展 2005年8月7日 森アーツセンターギャラリー(〜9月4日) 「アートの教科書」という副題はどうかと思ったのですが、確かにそれに見合う展覧会だったと思いました。絵画と絵画の間も程良い距離で見やすいものとなっていました。 エル・グレ....... [続きを読む]

受信: 2005/08/23 02:41

« 60年後に公開された米記者の原爆記事 | トップページ | <原爆展>8/5-30 パリ市庁舎で開催 »