« 赤ちゃんのお誕生に寄せて | トップページ | カンディンスキー -Phillips Collection No.5 »

2005/08/02

☆8月に行きたい展覧会☆

   mone005
           《Vetheuil in Summer 》 Monet   in MET

  この暑い8月でも、いい展覧会があるものですね!!
  東京都内だけで申し訳ないのですが、今月、私が
  行って見たい展覧会を下記に書き出してみます。
  皆様もよろしければ。。。

  * まずは、9日から始まる「ギュスターヴ・モロー展」です。
   Bunkamura ザ・ミュージアム
     

   【会 期】 2005年8月9日(火)~10月23日(日)
※9月12日(月)のみ展示替えのため休館
        毎週金・土曜日21:00まで(入館は20:30まで)
 

   森アーツセンター  素晴らしい作品に合いにもう一度!
    フィリップス・コレクション展 
     会期は9月4日(日)までです。

   根津美術館
    特別展 明代絵画と雪舟
   
 会期は8月14日(日)までです。

   ホテルオークラ東京
     第11回秘蔵の名品 アートコレクション展」  
    副題「ヨーロッパと日本 きらめく女性たち その魅力に出会う」
     会期: 
8月6日(土)~25日(木)
     
作品一覧: 39作家64作品
     
■時間 10:00~19:00(入場は18:30まで)
       金曜日のみ10:00~21:00(入場は20:30まで)
     ■会場 平安の間(本館1階)

  * 東京ステーションギャラリー
     「
五百城文哉展
   
  会期: 2005年7月16日(土) ~ 2005年8月28日(日)
          平日 10:00~19:00 / 土日祝 10:00~18:00
          入場は閉館の30分前まで

  * 丸ビル1Fマルキューブ、3F回廊、7Fホールにて
    EPSON MUSEUM「美の巨人たち」特別展を実施
    
会期:   8月12日(金)~8月21日(日)
     
展示実施時間  :  10:00~21:00
        入場料  :  無料 

         
     番組で紹介した選りすぐりの作品の数々を
               当社の大判インクジェットプリンタで原寸大に
              高精細出力し、展示いたします。
   
  
 ルーヴルのエジプトコレクション
    古代エジプト展
    東京都美術館
     
 会期: 平成17年8月2日(火)~平成17年10月2日(日)

  あとは、また映画を2,3本見に行ければよいかしら~?と
  思っています。ほかに、これは!という美術展や映画、
  または演奏会などありましたらこちらまで教えて
  くださいね(゚-^*)ノ 

 

|

« 赤ちゃんのお誕生に寄せて | トップページ | カンディンスキー -Phillips Collection No.5 »

展覧会情報」カテゴリの記事

コメント

フィリップス関連の私の担当が終わったので記事にしました。Juliaさんによるフィリップス展の記事にTBしようか、クレーの記事へTBしようか迷いましたが、ここにしました。
お世話になりました。私にとっても良い出会いとなりました。これからもどうぞよろしく。

真下の記事も興味深いものでした。パパになったせいでしょうか、最近は誰の赤ちゃんを見ても可愛くてほほえましくて。
絵画では、ラファエロとヴィターレとフラゴナールが描く赤ん坊がお気に入りです。

投稿: ike | 2005/08/04 00:32

池上先生

コメントとTBをありがとう御座いました。

あれから何回か他の講演会(記事にしていませんが。。)に参りましたが、先生の熱いご講演以上の感動を得られないので、先生は全身全霊から芸術をこよなく愛されていることが分かりました。

私の友人も白梅短大を卒業されて、現在も30年近く保母さんを勤めています。今度、「エジプト展」も一緒に行く予定です。息子さんもデザイナーで活躍されています。保母さんになる方々がお子さん達に絵が好きになって欲しくなるような教育ができるととても素敵ですね!

フィリップス・コレクション展を今夜でもまた観にいきたくなりました。先生との素敵な出会いをもたらしてくれた展覧会に敬意を表すると共に、日本で今後も芸術の伝道師様になられるような素晴らしい池上先生のご活躍を心よりご期待申し上げております。

投稿: Julia | 2005/08/04 07:49

丸ビルとか出会う
Jennyたちが、会場平安とか、平成などを秘蔵すればよかった?


投稿: Jenny | 2005/08/05 15:36

こんにちは。

さすがに東京はたくさんの展覧会がありますね。とてもうらやましく思います。

この中で興味があるのが、「古代エジプト展」なのですが、
東京都美術館のサイトから公式サイトを見てみました。
東京の前は福岡であったのですね。そして他は巡回しないようです。残念。
京阪神に巡回するようなら絶対に行くのになと思います。

もうすぐモロー展が始まりますね。どうぞ楽しんでくださいね。

投稿: 千露 | 2005/08/05 17:04

千露様

こんばんは!
コメントありがとうございます。ここの所すごい暑さですね!

それにもまして、千露様のHPはどんどん美術館サイトのように充実してきて素晴らしいです。

「古代エジプト展」は今、東京駅の大丸でも開催されているようです。
http://www.daimaru.co.jp/museum/schedule/tokyo/index.html

千露様のお好きな(?)ミイラも展示されているようですが、やっぱり巡回しないようですね(/_ ;)

私は東京都美術館の方を友人と9月頃観にいく予定です。友人がMETで観た時にすごく興味を持たれていたので、ご招待券も頂いたのもあって、お誘いしてみました。

>もうすぐモロー展が始まりますね。どうぞ楽しんでくださいね。

 はい、ありがとうございます!元気があったら初日でも行ってみたいのですが、暑さしだいですね~(┰_┰)

投稿: Julia | 2005/08/05 22:19

こんにちは。
ご無沙汰しています。
連日暑い日が続いていますが、
お体は大丈夫でしょうか。

私も先週フリップス・コレクションを
見ました。

とても素敵なコレクションで感動しました。
その中でもゴッホ「オーヴェールの家」の
持つ空気の違いに、
ドガの鮮烈なほどの「踊り子」に、
ルノアール「舟遊びの昼食」の優雅さに
魅せられました。

ギュスターヴ・モロー展、私も本当に
楽しみです。

それでは。

投稿: ミズシー | 2005/08/06 13:18

ミズシーさん

こんにちは!
コメントありがとうございます!

暑い時期に東京へ異動されてお疲れのことと思います。

フィリップス・コレクション展へ行かれ印象派の作品を堪能されたご様子・・・東京に住んでいると絵画に関しては次から次へと観ることができるので、これからもどうぞ芸術を楽しまれてくださいね!

モロー展も来週の火曜日からですが、以下のとおり、全279点を2期に分けて展示するようです。

【前期】8月9日(火)~9月11日(日) 168点出品
【後期】9月13日(火)~10月23日(日) 160点出品

それが終了すると、11月5日から
「スコットランド国立美術館展」で ~コロー、モネ、シスレー、そしてキャメロン~など、私達が大好きな作家達が展示され、またその後は、来年になりますが。。。

2006/1/2(月)~2/26(日)
「ポーラ美術館所蔵 印象派展(仮称) 」と箱根にあるモネの睡蓮を観ることができます!!

キャーq(≧∇≦*)、すごく楽しみですね!
では、またぜひ遊びにいらしてくださいませ。


投稿: Julia | 2005/08/06 18:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆8月に行きたい展覧会☆:

» <早大EC> 集中講義を終えて [池上英洋の第弐研究室]
前半は主に芸術作品を観ながらその当時の社会構造を考え、後半は個別の芸術家達がおくった生涯のエピソードを交えながら、彼らの作品がどのように生み出され、そしてなぜ彼らの作品が美術の歴史の中で重要なポジションを占めているのかを理解しようとしてきました。 作... [続きを読む]

受信: 2005/08/04 00:17

» 展覧会:ヨーロッパと日本〜きらめく女性たち〜(★★★) [徒然なるまままに]
Juliaさんの8月に行きたい展覧会で見つけた、ホテルオークラで開催されている〔第11回 秘蔵の名品アートコレクション展〕 ヨーロッパと日本 〜きらめく女性たち〜を鑑賞してきた。 西洋絵画 まずアドルフ・ウィリアム・ブグローの《レディ・マクスウェル》(1890)。美しく聡明な女性がこちらを見つめている。「西洋美術史」によれば、ドラクロワ、アングルの次の世代で、「この頃のアカデミーの中心的な画家となって�... [続きを読む]

受信: 2005/08/20 21:04

« 赤ちゃんのお誕生に寄せて | トップページ | カンディンスキー -Phillips Collection No.5 »