« Angel Series No.3 (Roppongi) | トップページ | 自由学園明日館 - Floral Version »

2005/06/04

安藤忠雄氏 : UIA(国際建築家連合)ゴールドメダル

いつも建築関係のblogで参考にさせて頂いている
Masslogueさんの記事で、安藤忠雄氏が2005年の
UIA(国際建築家連合)ゴールドメダルを受賞する
ことに決まったとの嬉しいお知らせが書かれて
いました。
                  

UIA賞は1984年に創設され、3年に一度、
  授与されています。日本人建築家としての
  受賞は1993年の槇文彦氏に次いで二人目です。
  前回の2002年はレンゾ・ピアノ氏(イタリア)が
  受賞しています。

詳しいことは、こちらの英文のニュースをご覧
下さいませ。

私は2,3年前に安藤氏の講演会を聞きに行った
ことがありましたが、世界的な建築家の方なのに
庶民的なお話好きなおじ様という印象を受けました。
その時は、淡路島「淡路夢舞台」
について詳しくお話をされていまして、そこで
印象に残った点はこの淡路島の荒れた地に植林を
して整備をするまで大変なご苦労があったようです。
でも植林をしてからホテルの回りの景観がとても
美しくなったことを強調されていたことを覚えています。

そこでは「瀬戸内オリーブ基金
を提唱されていることもお話されていました。
    

瀬戸内海の破壊された自然を回復させるため
 中坊公平氏と共に「瀬戸内オリーブ基金」を
 平成12年に設立。

以下、安藤氏に関するサイトを集めてみました。

*安藤忠雄氏のプロフィール

*建築+街並探訪Visit Architecture and Street (安藤忠雄建築10選)

*光の教会(茨木春日丘教会)
 安藤氏の建築を最初に知ったのが、この美しい
 十字の光が入る教会でした。

*光の教会(茨木市) (大変きれいなお写真です)

*建築ファイル:安藤忠雄

*アサヒビール大山崎山荘美術館

*同潤会青山アパート建替計画

*NAOSHIMA/直島コンテンポラリーアートミュージアム&
アネックス+直島・家プロジェクト

*K STYLE WEBSITE::ARCHITECTURE
[建築-安藤忠雄 TADAO ANDO] ファン・サイト

個人宅を設計された後に、テレビのインタビューで、
屋上に部屋から部屋に繋ぐ部分に屋根がなくて、雨が
降ってもそこを通らなくてはいけませんが、その一瞬の
自然を感じることが大事なのだ、と氏は強調されていた
ことがありました。

確か、上記の「光の教会」も十字の部分はガラスを着け
ないような設計だったと聞いていますが、さすがにガラス
は設置されているのでしょうか・・・?安藤氏の設計は
自然を取り入れるということに重きを置かれているよう
ですね。日本人の誇る建築家にますます素晴らしい
建築をこれからも建てていただけるよう期待したいですね!

|

« Angel Series No.3 (Roppongi) | トップページ | 自由学園明日館 - Floral Version »

Architechure」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/4400809

この記事へのトラックバック一覧です: 安藤忠雄氏 : UIA(国際建築家連合)ゴールドメダル:

» 淡路夢舞台 [ホテルマニア]
淡路夢舞台淡路夢舞台(あわじゆめぶたい)とは、「兵庫県立淡路夢舞台国際会議場」「ウェスティンホテル淡路 リゾート&コンファレンス」、「展望テラス レストラン&ショップ」、「淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館」、「野外劇場」、「百段苑」含む複合施設で、淡路島の東岸、大阪湾を望む高台にある。建築家安藤忠雄...... [続きを読む]

受信: 2005/06/09 19:26

» 必勝 時刻表 犬島への道 [我楽多日報!]
バスで犬島にムダ無くたどり着け! 必勝 時刻表 犬島への道 (JR岡山駅ー犬島) というものを作成しました。格安コース研究報告書です。とにかくまずは島に来てもらわないとここで何をゆうても話になりません。 詳しくはこちらにまとめてあります 要は「岡山駅から930円で犬島に着きます。」という話。[所要時間1時間半〜2時間前後] 一部紹介↓ ------------------------------------... [続きを読む]

受信: 2005/07/10 20:57

« Angel Series No.3 (Roppongi) | トップページ | 自由学園明日館 - Floral Version »