« ヒルサイドフォーラム - 代官山 | トップページ | 高橋 明也氏: 特別講演会「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展」 »

2005/05/22

松岡美術館&東京都庭園美術館 (Rosy Day) 

pink_rose

美術関連のblogでお世話になっているTAKさんが
ご自身のblog名である「Blue Heaven(青い薔薇)」
が咲かれたとのお話や、「水色ノート」さんのblogで
きれいな薔薇のお花のお写真を観ていたら、その
香りに包まれたくなりいろいろと考えた結果(θ_θ;)、
白金台の東京都庭園美術館へ行くことにしました。

本当にそれが素晴らしくきれいな薔薇に合うことが
できて幸福感に包まれました(*"ー"*)♪

 mini_rose 
   
            graduation

                  white

庭園美術館へ行く前に松岡美術館にも
寄ってみました。行くまでにおしゃれなレストランが
立ち並んでいますが、昨日の代官山より落ち着いて
もう少し大人の街という感じがします。

そのレストランの前にもきれいな薔薇が・・rose001   

また、面白い建物があるとすぐに・・
  (Sony関係の建物らしいです)
sony  sony002

《松岡美術館》

 matsuoka

 フランス近代絵画展
  -印象派からエコール・ド・パリ
   2005年 4月23日(土)―9月4日(日)

松岡美術館のエントランスに設置されている
古代の大理石の彫刻が素晴らしいですね!
    dairiseki             
                               dairiseki_woman

今回良かったのは、ユトリロが4点あったことです。
ユトリロはアル中になってから暗い絵ばかり描くと
いうことで有名でしたが、この4点は、意外に明るい
色調で、この《オルテーズのサン=ピエール教会》
と《モンマルトルの迷路》はすごく良かったです!!
松岡美術館は、どういうわけかガラス越しに作品を
展示してしまうのですが (一点はいつも床の間
に飾ったりします。。(/_ ;))このユトリロだけは無事、
直接観ることができましたので、筆の軽やかなタッチや
何か宗教心を感じさせる程、穏やかでいて作者の孤独
が伝わってくるようでした。思わずまた涙が出そうで
困りました。。。

         hutoriro

ローラッサンも2点あり、この《若い女》は
ローラッサンにしては珍しく華やかな色を
幾色も使って、若い女の艶やかさを描いて
見たかったのでしょうか?素敵ですね!
        lorassan

rose002

それから、東京庭園美術館へ向かいましたが
今回の企画展はもうひとつ興味がわかないので
庭園内だけ散策しました。

musee whole

そして、お隣にある広大な自然教育園へも
足を伸ばしてみましたら、ビックリするくらい
の森がそこにあったのでした!!またそれは
後日でも。。。また、きっと行くと思います。

  shizenkoen

|

« ヒルサイドフォーラム - 代官山 | トップページ | 高橋 明也氏: 特別講演会「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

水色ノートさんへ

今日は何度もTBやリンクなどを
させていただいてすいません(*- -)(*_ _)

コメントがどうしても書けないもの
ですから、もしお気に触るようでしたら
メールかこちらまでコメントを頂けますと
幸いです。水色さんのblogの内容が
私と似ている箇所が多かったので嬉しい
驚きでした!!それにしても素敵な
写真が多くて勉強になります。

Julia

投稿: Julia | 2005/05/23 00:08

juliaさま
こんばんは。はじめまして。
TBたくさんしていただきありがとうございました!しかもこちらにメーッセージまで残していただきお気遣いいただいて申し訳ございません。気にさわるなんてとんでもないです。絵やお花が好きな方にいらしていただき大変嬉しいです。
何故か最近内容と全く関係ない広告の書き込みが続き泣く泣くコメント禁止にしている状況なのです…(泣)juliaさんのように素敵な感性の方に書き込みいただけないのはすごく悲しいので本当に何とかしたいのですが…。今日はゆっくり見る事ができないのですがまた遊びに来ますね!どうもありがとうございました。

投稿: mizuiro | 2005/05/23 02:12

水色様

まぁ~お優しいコメントをありがとう
ございます(_ _(--;(_ _(--;

水色さんのお写真はヨーロッパの
香りがしますね☆すごく素敵な
お写真ばかりなので、それこそ
写真美術館に行ってる感じがします♪

それに、谷口氏の講演会の貴重なお話が
わかって大変参考になりました。やはり、
MoMAでも人物評価が選定基準ということ
でしたが、氏の建物に入るとホワァ~と包まれる感じがして暖かいので、人柄というのは
建物にも影響を及ぼすものなんですね!

今日は日仏会館で、高橋氏のラ・トールに
ついてのご講義を聞きに参ります。

水色様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: Julia | 2005/05/23 08:31

Julia様
美しい薔薇ですね。
東京都庭園美術館は是非一度行ってみたいところの一つです。
こちらのBlogを見て、ますますその思いを強くしました。
私の家の近くでは薔薇を鑑賞できるところがなかなかないので
このような美しい写真を見て楽しんでおります。

投稿: 千露 | 2005/05/24 10:04

こんばんは。
コメント無しはやはり寂しいので書き込みが出来るように設定しました。もしお時間ございましたら是非またいらして下さい。(それにしても検索でやってくる広告の書き込みには本当に困ってます…。)
写真のことをほめていただきどうもありがとうございます。あんまりほめてもらった事がないので(笑)とても嬉しいです。

投稿: mizuiro | 2005/05/24 19:46

千露様、

こんばんは~♪
いつも暖かい、書き込みをありがとうございます(*- -)(*_ _)

>東京都庭園美術館は是非一度行ってみたいところ

 美術も見れて、きれいな庭園でも寛ぐことが
 できるので、千露さんもきっとお気に召され
 る事と思います(*"ー"*)♪
 それに、隣にある教育園は広大な自然が
 残っていて、山の中を歩いている感じが
 して森林浴ができるくらいです!

 これからも美術のことやお花のことなど
 気軽にblogを通じてお話しさせてくださいね。
 よろしくおねがいします(*_ _)
 

投稿: Julia | 2005/05/24 20:32

水色さん、

こんばんは~♪
水色さんはコメントの文章はすっごく軽快で楽しいですよね~☆ъ(*゚ー^)>♪

>あんまりほめてもらった事がないので(笑)とても嬉しいです。

Σ('◇'*)エェッ信じられません~!
今日も拝見したらすっごい薔薇のお花が
増えていてビックリ!!きれいできれいで、
早速、コメントとTB嵐に行きますので、例の
怪しい書き込みと勘違いされなきよう~頼みます~(*_ _)

投稿: Julia | 2005/05/24 20:45

Juliaさんこんばんは。
TBにチャレンジしてみました。(exite以外のTBって緊張するのです…)
Juliaさんのこの記事を読んでいて私も庭園美術館に薔薇を見に行こう!と思いました。
でも私もアンソールの絵にどうしても興味が持てないので展覧会はパスしようかと思ってます。
Juliaさんが薔薇の画像を喜んで下さるので本当に嬉しいです。どうもありがとうございます。

投稿: mizuiro | 2005/05/28 22:06

水色さん

TBと暖かいコメントをありがとうございます。

TBは成功していますね!!ホント、私も良くTBをいくつも飛ばしたりコメントの失敗も数知れずしています(*ノ-;*) でも、ここにいらっしゃる皆様は人徳な方ばかりなので助かります(*- -)(*_ _)

庭園美術館へは明日辺り、もしかしたらまた行ってしまうかもしれませんヾ(´ー`)ノ本当にあの庭園の薔薇は美しいです!それに多分ミニ薔薇が咲き始めている頃だと思います。
水色さんのツルバラのお写真を観ていたら、また行きたくなってしまいましたε=ε=ヽ*^∇^)ノ

投稿: Julia | 2005/05/28 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松岡美術館&東京都庭園美術館 (Rosy Day) :

» 薔薇・薔薇・薔薇Ⅳ [水色ノート]
薔薇が描かれた切手です。これを見て神奈川県の県の花は薔薇なのかしら?と思ったのですがやまゆりでした。薔薇の花が県の花なのは茨城県でした。 モリスの描く薔薇は線が美しくて大好きです。 ↓「また?」と思われるかもしれませんが(笑)2005年5月の薔薇です。 ... [続きを読む]

受信: 2005/05/28 21:56

» 庭園美術館で最初の木枯らし [naolog]
今日は昨年よりも1日早く 木枯らし1号が吹いたと気象庁の発表。 今日は 白金住... [続きを読む]

受信: 2005/11/16 23:56

« ヒルサイドフォーラム - 代官山 | トップページ | 高橋 明也氏: 特別講演会「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展」 »