« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005/04/29

「奏でる乙女」 と「ラ・フォル・ジュル」

昨日から夏バージョンのblogに変更しました。
感じが違うので、アレ??(・_・*)(*・_・)(*~^~)/??って
思われた方もいらっしゃると思います。今後も
ご訪問のほど、ヨロシク( ゚ー゚)/゚*゙:¨*;.・';゙:..・☆お願い
します。

今日は、「彫刻家・本郷新の写真コンテストの募集
に応募するため、六本木まで行って「奏でる乙女」の
お写真を撮ってきました。大きな写真は、こちらからどうぞ

     girl_hiruzu

それから、昨日お知らせした 「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」
に行って来ました。会場はすごい人々でビックリΣ('◇'*)
チケット待ちで一時間という混みようでしたので、
演奏は聴けませんでしたが、国際フォーラムの
会場辺りを撮影してきました。行かれる方は
プログラムをよくチェックして、どこで演奏されるか
あらかじめ覚えて置かれると良いかと思います。
それほど、人が多くて何館に渡っても演奏会が
行われているようです(^_^; 

《楽しいベートベンの風船人形》<forum002

《会場内の大きな垂れ幕》 forum004

《グッズやらその他・・》shops

《きれいなプラハの絵も・・》 praha

明日から2泊3日で、高知を中心に四国周りを
旅行してきます。平山郁夫美術館にも寄る
予定です。コメントをお返しできませんが、
また帰宅しましたら、よろしくお願いします(*- -)(*_ _)

皆様もそれぞれ素敵なゴールデン・ウィークを
お過ごしくださいませ(゚-^*)ノ 

| | コメント (11) | トラックバック (3)

2005/04/27

「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」

4月に入って、学校でも新学期が始まったり
会社でも組織変えや担当者が替わったりと
季節は良いのですが、やっぱり慣れない事
が続くと今頃、疲れが出てきやすいですね。

《ボタン-浜離宮恩賜庭園 にて》
   botan_yae

でも、あと一日でゴールデン・ウィークの幕明け
です!私は3日間ほど高知を中心に四国へ
両親と旅してきますε=ε=ヽ*^∇^)ノ

残りは、もっちろん美術館巡りですね!!
TAKさんご推薦の上野方面では
ベルリンの至宝展」と「アール・デコ展」。
そして、横浜方面の「ルーブル美術館」
欲張って行ってみようと思います!!

それから、音楽も聴きたい!っと思って
いたら、面白いイヴェントが有楽町の
東京国際フォーラム
ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」という
ベートベンを3日間(4/29-5/1)
朝から晩まで聴けるそうです!
家から近いから、ぜひ行かなくっちゃ!!

lafolle_headtit

3日間のコンサートは約150公演を予定しています。 有料公演の他、アマチュアオーケストラの無料公演、 ベートーヴェンを識る講演会、そして映像による ベートーヴェンの足跡等多彩な内容です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/04/25

「CASA」 & 「和楽」

昨日は、久しぶりに近所の美容院へ行きましたら
そこの店長さんは、やはりアート系の方なので
素敵な本を見せてくださいました。

1冊目は、
CASA Brutus 5月号
cover_casa


[Museum of Tomorrow]
21世紀のミュージアム。
21世紀のミュージアムとは? 今、変わりつつある
美術館のすべてを特集しました。美術館+マーケティング、
という新世紀の図式は、1997年にオープンしたフランク・O・
ゲーリー設計の<グッゲンハイム・ビルバオ>から始まって
います。観客を引きつけるのはアートだけではない! そう、
21世紀のミュージアムは文化的アミューズメントパーク。
気軽さも、敷居の低さは、アートの領域の拡大の必然。
権威主義とはかけはなれた建築が、これからの主流です。
そして2004年から今年にかけて誕生したミュージアム、
話題をさらったのは日本人建築家の作品ばかりです。
谷口吉生<MoMA新館>、SANAA<金沢21世紀美術館>、
安藤忠雄<地中美術館>。21世紀の美術館を語るキーワード
は「ニッポン」なのかもしれませんよ!

先日、観にいったばかりの谷口氏のMoMAについての
記事もあったり、安藤忠雄氏の<地中美術館>も
掲載されていて、もう心は***ヾ(≧∇≦)ノ"***って
感じだったです!!

店長さんは昨年、お休みを利用してその地中美術館
へ行ってきたそうですが、直島までアクセスが大変
だったけど、それはそれは素晴らしい美術館だった!
と興奮して話されていました。レンタカーを借りて直島中
ドライブしたらまた他にも見るところもいろいろあって
楽しかったということです。

私も友人からここの美術館の話を聞いてから、モネの
「睡蓮」の壁画も展示してあるしで、一度は訪れて
みたい!って思っている美術館です。このゴールデン・
ウィークで四国へ行くのですが、両親が決めたツアー
なので、直島には寄れないみたいです・・・(/_ ;)


地中の庭」というモネが愛した植物を配した
庭園があるのを今このHPをみて知りました。
またぜひ機会を見つけて行きたいものです!


それからもう一冊は、
和楽 小学館
waraku

「和」の心を楽しむ月刊女性誌「和楽」。流行のスタイルに 関心を寄せながら、センスある上質な暮らしを求め、「和」 の世界に惹かれ始めている女性のための雑誌です。 創刊以来、正統な和の精神やスタイルを現代の生活空間 の中で、モダンに生かし、楽しむ術を提案し続けています。 新鮮で深みのある「和」の世界への入門から、「和」を知る 成熟した日本女性のエレガンス溢れるファッションや ビューティー情報などまさに和(なご)み、和(やわ)らぐ「和」 を「楽しむ」様々な情報をお届けします。

とあるのですが、お写真の美しさが素晴らしいのです!!
どうやったらこんなきれいな写真が撮れるのかしら?
と思うほど、印刷ともにお写真の技術も一級品!!
ただ、年間購読しか販売していないので普通の本屋
さんで観れないのが残念です。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

以上、2冊ですが美術愛好家にピッタリのご本を
紹介させていただきました(*- -)(*_ _)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/24

東京都現代美術館 - ルオー展

東京都現代美術館は自宅から歩いても10分足らず
で、木場公園という広い公園内にあります。
この辺の市民の憩いの場としても、文化施設としても
誇れるとても素敵な美術館なのです。

外側と内側からお写真を撮って見ました。

   mot02 mot003  

特に、地下の美術図書室はお勧めです!!国内外の
美術書が5万冊ほどあり、雑誌や子供向け美術書の
コーナーも充実しています。一人机に座っていると
中庭が見えるようになっていて、ここで美術書を読んで
いるとなんだか最高に贅沢な気分で半ば夢心地の
世界に漂っている感じがしてしまいます(。v_v)♪

っと、館内情報が長くなりましたが。。(^_^;
本日は常設展と企画展の両展を観てきました。
まずは常設展ですが、はろるどさんがご紹介
していらっしゃるように、
「サム・フランシス -無題- 」は別格に素晴らしい
色使いで、全体が踊りだすばかりに躍動感が
溢れていて、観ていて本当に元気になります!!

それから、いよいよルオー展へと向かいました。

 rouault001 

続きを読む "東京都現代美術館 - ルオー展"

| | コメント (8) | トラックバック (5)

東京都近代美術館/工芸館 - 常設展

先週の日曜日に、山種美術館を出てから
皇居のお堀端の緑道沿いを桜の花びらが
舞い散る中、竹橋の国立近代美術館を
目指してテクテクと歩いておりました。

   kokyo_cherry002

緑道も終わりに近づくとレンガの建物が
見えてきて、それが「国立近代美術館工芸館
であることがわかり、例の「ぐるっとパス2005
の券が付いているのを思い出して、入ってみる
ことにしました(*^-゚)v♪
    
  kogeikan  kogeikan_panf

近代工芸の百年

日本の近代工芸の流れを所蔵の優品によってたどります。 近代社会が国内事情だけでなく国際的動向とも連動して たくましく発展してきたのと同様に、近代工芸もまた、 保守的傾向と革新的な指向とが拮抗しながら、大きな展開 と多様な創造を達成してきました。

万国博覧会や輸出工芸の明治時代を彩った初代宮川香山
の高浮き彫りの花瓶は見事でした。そのほか、日本の伝統
的な織物など特に美しく目を惹きましたが、会場内がとても
暗くあまり工芸品が美しく展示されていなくて残念に思い
ました。

それから、東京国立近代美術館までは歩いて5,6分です
のでもうちょっと頑張って歩いてみました。企画展の
ゴッホ展は友人と3月にもう観てしまったので、その日は
常設展だけ観て来ました。それにしても、近美に
ついたら異常な雰囲気が漂ってきます。入り口から
ずらっと外に入場者が並ばされているのですΣ('◇'*)
でも、企画展だけの場合は、出口から入場しても良い、
とのことでしたので、申し訳ないように大勢の人たちの
前をスッと抜けて行けました(*- -)(*_ _)

所蔵作品展
戦後日本画の新風-横山操と中村正義
所蔵品ギャラリー「近代日本の美術

常設展会場は、広々とスペースが取ってあるので
企画展と比べるとあまり観ている人も少なくこの差
はどうしたものかと・・?あまり作品もそれほど
素晴らしいと感じるのが少なかったのですが、
(すいません。。私は少し日本人の油絵が苦手
 かもしれませんm(*- -*)m)
山種美術館でも菊池芳文の作品がきれい
でしたが、ここでも同じ作家で
小雨ふる吉野>は桜の絵が見事でした!!
やはり、日本人は日本画で現す描写が一番
無理がなく美しく見えるということを再認識して
しまいました。こちらもパスが使えたので、
この日は3ヶ所の美術館へ行ったのに、
山種美術館で600円支払っただけですので
何かお得な気分でした(*"ー"*)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/23

「谷口吉生のミュージアム」

今日は、いつも通り午前中は、仏/英会話を習って、
新宿で娘と待ち合わせて食事をしてから、娘と一緒に
東京オペラシティの「谷口吉生のミュージアム」へ
行く予定でした。しかし、彼女はファッションに夢中
なので、ルミネ辺りの新しくできたおしゃれなショップ
の方が興味あると言い出し、私一人で行ってきました(^_^;
たしかに、娘にとっては新しいファッション・ビルは
「お洋服の美術館」のような感じなのでしょう!

   taniguchi_museum

谷口吉生氏はあのニューヨークのMoMAを建築された方で
記憶に新しいのですが、私もこの2月にMoMAに行った
ばかりでしたので、またMoMAに関するより詳しい情報が
知れるとあって以前から楽しみにしていた展覧会でした。

taniguchi_panf architechures

続きを読む "「谷口吉生のミュージアム」"

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2005/04/21

グリーン・パーク★ハーブ・ティー

昨夜、素敵なハーブ専門店「グリーン・パーク」へ
フランス語仲間のLichaさんが連れて行って
下さいました(✿。◠‿◠。)

人形町から5,6分歩いた裏通りにあるかわいい
お店ですが、これからは私の癒しと健康の
行きつけのお店になりそうです(*"ー"*)♪

店内に入ると壁側にきれいなハーブのガラス瓶が
幾種類も並べられて、それを見ただけでキャーq(≧∇≦*)
となってしまいます。どちらかというとフルーツティーや
フローラティー(約200種類)が多いようですので、
ガラス瓶の中はドライ・フルーツがカラフルに見えて
とてもおしゃれな感じがしま~す♪

全品10gから量り売り、しかも試飲もできるので、 働き過ぎ、リラックス、癒されたいなどお客様の要望 にあった体にいいお茶をスタッフが「Beauty&Diet」、 「Health&Life」、「Relax&Refesh」のカテゴリーから お探しします。

お値段も普通のお店よりはお安いし、10g単位で購入
できるのが超魅力的~(o^∇^o)ノ 私は、「Relax&Refesh
から《シトラス・レモン》と《シトラス・ルイボス》を購入
しました。娘はバニラがすきなので、「Health&Life」から
《バニラ・クリーム》のハーブ・ティーを20gずつ購入して
きました。こちらのハーブは純粋なオーガニックなので
水出しで多めに作って、
翌日、ペットボトルなどに入れて持ち歩くといいですよね!

Lichaさんが娘に下さったプレゼントと私の購入した
ハーブ・ティー(゚-^*)ノ harnn

ライスオイルとハーブを主成分としたメーカー
HARNN」のカタログです。2Fがここのオイル
やソープなどバリに行ったかと思うような
南国風のインテリアできれいにディスプレィ
されていました。

《HARNN》cataloig

続きを読む "グリーン・パーク★ハーブ・ティー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/19

Douglas先生のblog: Permaculture

土曜日の午前中にお習いしている英語の
先生は、カナダ人の方で始めはとても
クールな感じでしたが、この頃では私が
ジョークでバカなことを言うと大笑いして
下さるので、結構オチャメな所があって
良かったです(*'ー'*)♪

先生もblogを書いていらっしゃるとの
ことで早速、アドレスを聞き出しました(*^-゚)vィェィ♪
    でも・・・やっぱり英文でしたよぉ(/_ ;)

  Permaculture Reflections 

      Tokyo Tightwad


パーマカルチャーに関心を持たれて
いらっしゃるようですね!
すっごい素敵なお写真がプロフィールに
貼ってありましたので、ちょっとお借りします(*- -)(*_ _)
昔、スコットランド人の英語の先生も
’鷹狩り’というのに憧れて日本に
きた、っておっしゃっていましたけど
ダグラス先生も見事ですねぇ~w(゜o゜)w

     image_221185

続きを読む "Douglas先生のblog: Permaculture"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005/04/18

山種美術館: 「桜さくらサクラ・2005」展

最後のお花見をしようと皇居周りの緑道を
昨日ぐるっと周りがてら、その近辺の美術館
も3館駆け足で観て巡りました。 
        cherry_nanohana002

本日は最初に行きました山種美術館
「桜さくらサクラ・2005」展をご紹介したいと思います。
美術館と言いましても普通のビルの1Fにある
ので、エントランスもこのような感じです。
               yamatane

私が一番美しいと感じた作品は、

《菱田春草/桜下美人図》 buauties_cherry

題名とおり、桜の木下で美人が楽しそうに
談笑している様子が艶やかですね。

そして、

《菊池芳文/花鳥十二ヶ月より桜》cards004

桜の可憐さが本当に美しかったです。

外でもまだ枝垂れ桜が。。shidaresakura_kokyo

最後に、

《小林古径/桜花》kobayashi

可憐で繊細な絵できれいでした。

そのほか、大きな屏風絵などありましたが、
私は特に上記3点が良かったです(*"ー"*)♪

きれいな100円の割引券が次回の展示会用に
プレゼントされました。

    yatane_tickets

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2005/04/17

彫刻家・本郷新の写真コンテストの募集

いつも美術情報では大変お世話になっている
BLUE HEAVEN の TAKさんより彫刻家
本郷 新氏の写真コンテストのご案内が
ありました。

彫刻家・本郷新の写真コンテストの募集が
下記のサイトで始まっています。

ようこそさっぽろ

あなたのまちの本郷新、写真で送ってください
札幌出身の彫刻家、本郷新が今年生誕100年を
迎えるのを記念し、札幌彫刻美術館とNPO法人
シビックメディアは、全国に点在する本郷新の
作品の写真を集め、ウェブ上、および同美術館で
公開する計画を立てました。

六本木の交差点にある「奏でる乙女」は
みたような記憶がありますが、応募期間中に
遊びに行く機会があったら私もぜひ写真を
撮って応募したいと思います。

お近くにお住まいの方で、この氏の力強い彫刻を
見かけた方はぜひ、応募されてみてはいかがで
しょうか?とっても楽しい企画ですよね(*'ー'*)♪
自分の撮った画像が「生誕100年 本郷新展」の
会場で展示されたらとても嬉しいことですものねヽ(=^-^=)ノ

続きを読む "彫刻家・本郷新の写真コンテストの募集"

| | コメント (6) | トラックバック (4)

2005/04/16

ブリヂストン美術館: 印象派と20世紀の巨匠たち

午前中の仏/英会話のレッスンが終わってから
ブリヂストン美術館で開催している

印象派と20世紀の巨匠たち - モネ、ルノワールからピカソまで
を観て来ました。

  bregiston_muse  bridgeston_muse003

エントランスを入ったすぐ左手に素晴らしい
古代の女神像が展示されているのをご存知
ですか?どうも調べましたらやはり、"NIKE"
らしいのですが。。もしどなたかご存知なら
ぜひこちらまでお知らせくださいませ(*- -)(*_ _)

ルーヴル美術館にある「サモトラケのニケ」を
彷彿とさせるかのような素敵な女神像です。
そばに立っている守衛さんにお写真を
撮っても良いとの了承を得ましたので。。

    bridgeston_muse bridgeston_muse002

続きを読む "ブリヂストン美術館: 印象派と20世紀の巨匠たち"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/14

Julia's album de Photos

以前から夏バージョンのblogを立ち上げたかった
のですが、大好きなM子さんが素敵なblogを
立ち上げて、本当にそれがあんまりかわいい
スキンだったので、それと同じblogを以下の
サイトで立ち上げてしまいましたぁ~ヾ(´ー`)ノ

Julia's album de Photos

すっごいおしゃれなスキンですよね(*'ー'*)♪
お写真が大きくきれいに映るので
「写真絵日記」みたいのにして
行こう、って思っています。

コメントなど良かったらお気軽に書いて
下さいね(^_-)-☆ では、これからも
ヨロシク( ゚ー゚)/゚*゙:¨*;.・';゙:..・☆

 《ランチ時に・・》
    yaesakura
            shidare_cherry

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/10

桜とシスターとの再会

東京地方は先週の半ば頃より桜が一気に
開花してしまい、週末は満開の花びらが
大分、風に舞って落ちているようでした。

nakano_cherry001 nakano_cherry002 nakano_cherry004

今日は、15年前に友人に紹介された英語
の恩師であるシスターの所へ久しぶりに
ご挨拶に伺いました。先生のところまで
途中、大きな桜の木が民家の軒先から
桜の花びらをいっぱいつけていて、あまり
にきれいでしたので、お写真を撮らせて
頂きました。

シスターはある修道院に住んでいる方で
下の子が幼稚園に入ってから友人のお誘い
で、もう一度英語をやり直してみない?と
よい先生を紹介してくださったのがお知り
合いになるきっかけでした。

それから10年間近くシスターから世界で
起こっている様々な社会的な出来事に関する
テーマを教えて頂いたり、(女性が)自立して
行けるようになるまでの英語力も身につけさせて
下さいました。そのお陰で、この齢になっても
英語に少しでも関わる仕事を続けることが
できました。

続きを読む "桜とシスターとの再会"

| | コメント (16) | トラックバック (0)

"ベストパンを愉しむイベント" 詳細

先日、ご招待 (170分の1の確率で当選 )
されて大感激だったAll About、パンのガイド、
清水美穂子さん企画の"ベストパンを愉しむイベント"
の詳細が下記サイトにて掲載されています。

breads breads_party

Best Bread+Something Best 美味しいパンのパーティ
ベストパンを愉しむイベント開催

頂いた全部のパンや食材やワインなどの
すべてが写真付きで掲載されています。
その中で娘と私が一番、美味しかったと
感じるパンは、コム・シノワのバリエルージュです。
そしてハムは、大山ハムの「骨付きハム」で、
チーズは、共働く学者新得農場の「さくら」です。

そのほか、PAULのフルートアンシェンヌに
チーズと上記骨付きハムをはさんで頂くと
本当にパリの香りがしてきます~(*"ー"*)♪

中でも目が飛び出してしまうほどの美味しかった
のは、マスカルポーネにセミドライのプルーン、
アプリコット、無花果、クランベリーの実が細かく
混ぜ合わせてた一品で、娘と二人で驚喜してしまう
ほどの贅沢なお味でしたヾ(*≧∇≦)/□☆□\(>∇<〃)ノ

《ドライフルーツのメーカー"ロッテガロンヌ商会"》les_fruits_sec

これだけ沢山の美味しいパンとそのほかの
美味しい食べ物をご用意していただいて
関係者の皆様に改めまして感謝申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンリ・マティス作 『ロザリオ礼拝堂』

先ほど、「美の巨人たち」という番組でニースの
Vince(ヴァンス)という村でマティスが設計した
という礼拝堂『ロザリオ礼拝堂』を紹介していました。

           vince

訪れるなら冬の午前11時が最も礼拝堂に光が
美しく差し込む時間、という映像を観てこれが
真実なら本当に言って観てみたい!!と思うほど
息を呑むほどにきれいな色と光のファンタジーで
輝いていました。ステンドガラスの色は青、緑、黄色
の3色しか使われていないのに、壁面に描かれた線
だけのキリストの受難の物語や床に当たる光などが
いろいろな色に変化して素晴らしいのです!

続きを読む "アンリ・マティス作 『ロザリオ礼拝堂』"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/04/09

"Fortum & Mason" tea salon

今週の水曜日に横山大観展を観にいった後に
大観の素晴らしい作品で酔った余韻を一人で
愉しみたくて、同じ新三越デパートのB2Fにある
"Fortum & Mason" のティーサロンで美味しい
紅茶を頂くとこの上もない程幸せな感じに包まれ
ましたぁ~♪
         tea_salon

フランス語では、
    Je suis content. (ジュスィ コンテント)
といいますが、英語の
      I'm happy! よりもう少し深みがある感じがします。

《ローズ・ポーションの紅茶と
ショートケーキとショコラ・ケーキ》fm_cake

続きを読む ""Fortum & Mason" tea salon"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/06

横山 大観展

今日は会社の帰りに、日本橋三越デパート新館7Fで
開催している横山大観展を観てきました。
はろるど」さんのblogで素晴らしい解説がされているのでぜひ、
飛んで観にいきたくなったんです!はろるどさん
のように写実的に表現できないので恥かしいのですが、
やっぱり凄かったです!!
        
     taikan_mitsukoshi

最初に入り口から正面に展示してあった「無我」でもう魂を
射ぬかれたように釘付けになり、それから「紅葉」の華やかさに
息を呑むほどでしたが、その後の作品も日本のきれいな情景が
描かれている作品が続きます。(画像は絵葉書からです)

    《無我》muga_taikan

それはそれは繊細で美しい色調!あまり不思議に
ベタっと日本的ではなく、木の葉の一枚一枚が
水彩のように淡い色で自然のままに表現されています。
私の実家の庭にあった柿木の葉を時々、絵に描いて
いたのですが、あのように描きたい!と自分の思っていた
理想通りの柿の葉っぱだったのでそれも感激しました!

     《晩秋》taikan_ris

続きを読む "横山 大観展"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

☆゜・。・やっと桜が~(*"ー"*)♪

          cherry_first


今日は東京も20度近くあったのか、
一気に桜が開花したようですね~O(≧∇≦)O

でも、お仕事があるのでお昼休みだけ
近くの枝垂れ桜を撮影してきました~(*^-゚)v♪

今週末は桜の名所はどこも賑わうでしょうね(✿。◠‿◠。)  
cherry_asahi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/04

自由ヶ丘のパン

今日は娘が休日だったので、以前、PAUL八重洲店で
一緒にパンを焼いていた友人と、自由ヶ丘で「パン巡り」を
してきたそうです!私の携帯には、「パン祭りだぁ~」
とか書いてきてホントにパン祭りでもあったのかと~(・_+)

《PAUL八重洲店》lights2 macaron


帰ってきて、買って来たパンを並べたらやっぱり
「パン祭り~☆」になったみたいで~す(*"ー"*)♪

お写真でご紹介しますねぇ~☆ъ(*゚ー^)>♪

まずは、『パリ・セヴェイユ』(=パリの目覚め)という
ケーキで有名なお店です。シェフの輝かしいパリでの
研鑽の履歴をみるだけでも華麗なスィーツが
目にチラついてきます★☆。.:*:・"゚★ ケーキもすごく
美味しかったとのことで~す(゚-^*)ノ 

《フィナンシェ&チーズ・パン》pari_seveill


続きを読む "自由ヶ丘のパン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/03

ベストパンを愉しむ至福のひととき:オードヴル

先日の「ベストパンを愉しむ至福のひととき」の
「オードヴル」ですが、各会社のパンフレットとともに
リンク先などご紹介したいと思います。

         canapes002

         HORS D'OEUVRES

*プチオリーブパンのアミューズ タケウチスタイル
Boulangerie Takeuchi

*フルートアンシェンヌの小さなカナッペ
PAUL

paul_sains pain_paul

チョットだけフランス語(o^∇^o)ノ
faire de ble (小麦粉)
Sel de mer (塩)
Pain de Seigle aux Raissins Noix
(セイグル・オ・レザン・ノア/ブドウ入りライ麦パン)
Nos Porduit (Paulのパン/商品)

続きを読む "ベストパンを愉しむ至福のひととき:オードヴル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄板焼 石心亭 : 春の庭園ランチ

昨日、仏/英のレッスンを受けてから
両親と娘とで以前から「お花見ランチ」を
約束していたので、紀尾井町にある
ホテルニューオータニ東京の庭園にある
鉄板焼 石心亭」で
「春の鉄板焼きレディースランチ」を頂いて
きました(*"ー"*)♪

<庭園側から真ん中左手に石心亭>garden_otani
sekishintei<石心亭より庭園を望む>


あいにく東京地方は4月に入ってからも低温が続き、
桜の蕾がなかなか開花しなくて、せっかくの日本庭園内
の桜を見ながらお食事をしようと思いましたが
残念でしたぁ~。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。
でも、専属シェフが付いてコースのお料理を目の前の鉄板
で焼いて下さるという贅沢でプロフェッショナルな応対に
感激しました!またもちろん、お料理も最高に美味しくて
贅沢な春の一時を過ごすことができ両親ともにシェフに
感謝いたします(*- -)(*_ _)

まずは、“ぷりぷり甘海老と緑黄色野菜たっぷり”
甘酸っぱいイチゴ・ソースで頂きます。イチゴ・ソースは
味わったことがないほどさっぱりして美味しかったです!
           straberry_sarada

続きを読む "鉄板焼 石心亭 : 春の庭園ランチ "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テリー・シャイボ(Terry Schiavo)さんの死によせて

米フロリダ州のテリー・シャイボ(Terry Schiavo)さんが
15年以上も植物人間でいましたが、州裁判所の指示で
栄養補給管を除去されて14日目にあたる3月31日、
死去されました。

参考サイト: CBC News

シャイボさんが死を望んでいるとして、 延命を求める両親と7年間法廷で争ってきた夫マイケル・ シャイボさんの弁護士は、「(シャイボさんは)穏やかで 平和な、優しい死を迎えた」と述べた。 一方、両親側の 立場をとっているカトリック司祭は、コメントを発表し、 「これは、単に悲しみを伴う死にとどまらない。 これは殺人だ」と述べた。(ロイター) - 4月1日

今日の英語のレッスンのテーマは、この記事に関すること
ですが、先生はこれを授業で話し合うのにはちょっと重すぎる
と思ったそうで、"CommonDreams.org" から
"Terry Schiavo Could Save Millions of Young Women's Lives"
by Thom Hartmann の記事を持ってきて下さいました。

確かに、すごく重いテーマですよね!いくら植物人間状態でも
もし自分の娘がそうなったら、私ならやはり彼女のご両親と
同じ様にいつまでもそのままでいて欲しいと思いますもの。。
実際、少しずつでも反応が戻ったり、奇跡的に正常に戻った、
というような事実を聞いたりしてますものね。。
まだまだ、ご両親とこのご主人との対立は深まりそうですし、
全米でも議論を巻き起こしているようです。

ところが、この記事はその点はあまり触れずに、シャイボさんが
もともと拒食症が原因で心臓発作を招き、植物人間になって
しまったことを書いています。先生は彼女がそこが原因だった
ことをご存じなくて私達にも、この記事を読む前に、
「自分の外見についてはどう思いますか?」との質問を
されて、外見を気にするあまりに死に至ってしまうことに
焦点をもっていくような話し合いの場を作っていました。
原宿などを歩いていると、すごく痩せている女の子が
多いので、彼女達の半分以上は拒食症か過食症ではないか?
と半ば冗談交じりで心配されていました。

続きを読む "テリー・シャイボ(Terry Schiavo)さんの死によせて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/01

フランス語講座/会話 NHK

日仏学院でのハードな4日間が終了しました。
最後は頭がヒートアップして、どうにもついて
行けなくて~~フゥ~(/_ ;)すごかったです!
でも、お二人とも本当にいい先生でフランス語
をこれからも続けて勉強していきたい!って
思えるほどいい授業でした。本当にありがとう
ございましたぁ~(_ _(--;(_ _(--;

radio2

それで、昨日、フランス語講座が今日から
始まると書いてしまったのはエイプル・フール
でウソでした。ごめんなさ~い(*- -)(*_ _)
な~んて、聞いた方がいらっしゃらない
とよいのですが。。今日はきちんと本を購入して
きましたら、4月4日から始まるそうです!!

スケジュールなど興味あるかたは==>

続きを読む "フランス語講座/会話 NHK"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »