« チェコフィルハーモニー八重奏団 | トップページ | 丸の内ツアー「MY PLAZA&OAZO」 »

2004/10/02

シャネルNo.17 マイ・パフィーム♪

アロマテラピーの教室 (gattoアロマテラピースクール) で、香水作りを楽しんできました!
マイ・香水ができたんです!

無水エタノール(アルコール4ml)に精油(18滴)を少しずつ
香りを確かめながら調合して作りました。

精油などについて詳しく書くと大変なのですが、主に、
お花、樹木の根や葉から抽出した濃厚なエキスと
思ってくださいね!

そして、各精油には揮発速度が次の3段階あります。
 ・トップノートは主に、フルーツやメントール系で
  30分で香りが消えてしまいます。
 ・ミドルノートは、お花が多く2~5時間香りが
  残ります。
 ・ベースノートは、樹木系が多く一日立っても
  香りが残っています。

上記、「ノート」という言葉には音符やハーモニーという意味
も含まれているので、画家や音楽家が何もない状態から美しい
風景を描いたり、音楽を作曲していくように、香水を創作する
ことも、何も香りがない所から自分の好きな香りで少しずつ
調合して作り上げるのと同じですね!

橋本先生が、
 「市販している好きな香りのレシピを参考にしてくださいね。」
とのご指示がありましたので、私は以前から、

シャネルNo.19が好きでしたので、本に書いてあるレシピを参考に
以下の精油を選びました。

トップノート: ネロリ
      ベルガモット
      ブラック・スプルース
      レモン
ミドルノート: ローズ
      ジャスミン
ベースノート:ベチパー
        サンダルウッド
        オークモス

最初は、アルコールをビーカーに入れて、各精油を1滴ずつ
入れました。それから、一滴ずつ好きな香りを入れては
匂いを確かめて、最後に好きな香りを創作していきます。

面白いことに、高級な香水には必ずベースノートである
かなり臭みのある香りを入れるそうです。何かの香りを
強めるときはそれと正反対の香りをいれて変調させること
によりその好きな香りを引き出すことができます。

今回は、シャネルNo.19にかなり近いNo.17位の香水を
作ることに成功しました!!(・・のつもりです)

すごく楽しかったですよ♪ 自分で創作するのって
なんでもストレス解消になりますよね!皆さんも
よかったら、ご自分の好きな香りを作ってみませんか?
ご質問がありましたら、どうぞ私まで聞いてくださいね!

|

« チェコフィルハーモニー八重奏団 | トップページ | 丸の内ツアー「MY PLAZA&OAZO」 »

Aromatherapy」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャネルNo.17 マイ・パフィーム♪:

« チェコフィルハーモニー八重奏団 | トップページ | 丸の内ツアー「MY PLAZA&OAZO」 »