« モネの館 | トップページ | 「江副育英会」第10回コンサート »

2004/09/23

モネ『睡蓮』の池

   

    

       mones_pond   

2004年7月 モネの館紀行

モネが後半の人生を費やして描いた連作『睡蓮』の池を
拝観してきました。7月の初旬だというのに、雨が降って
とても寒かったので、睡蓮のお花もあまり咲いておりま
せんでしたが、柳の木々やいろいろな樹木に囲まれた池で、
ひっそりと睡蓮が佇んでいるのをみて、実際にモネがここで
沢山の絵を描いて、またモネが感じていた同じ空気と光を
体感できたようですごく幸せでした!

『睡蓮』の作品は250点も描いたそうですが、一点一点が、
空の輝きを水辺と睡蓮の色に反映させ、その日のモネの
感情も映し出すかのように違って見えます。

また、不思議なことにその絵にある水辺の色もその日の
自分の体調によって、変化して見えるので、一見、柔らかな
タッチと色で描かれてはいますが長く見つめていると、奥深く
自分の中に語りかけてくるようで、まさに心を癒してくれる
芸術作品とは素晴らしい!と感慨も新たになります。

|

« モネの館 | トップページ | 「江副育英会」第10回コンサート »

+2004年 文化・鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54618/1501602

この記事へのトラックバック一覧です: モネ『睡蓮』の池:

« モネの館 | トップページ | 「江副育英会」第10回コンサート »