トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

2004/09/29

チェコフィルハーモニー八重奏団

2004年9月28日(火)

チェコフィルハーモニー八重奏団紀尾井ホール
~ドヴォルザーク没後100年記念
  オール・ドヴォルザーク・プログラム

今年はドヴォルザーク没後100年にあたるそうですが、チェコの音楽を
秋の夜、両親へ敬老の日のプレゼントとして一緒に聴いて参りました。

会社のクラシック・ファンの方が「僕は、チェコ・フィルが一番好きで
 今度行きたい国はチェコだ!」というほど、東欧の曲は遠いアジア
の私達でさえ魅了させてくれます。

全体に流れる牧歌的でボヘミア民族を感じさせる郷愁の旋律・・が
フルオーケストラとは違って一つ一つの楽器の音色が重なり合うように
静かに心に染み入るように酔いしれることができました。

ドヴォルザークについてあまり知りませんでしたが、ブラームスが彼の
よき理解者で発掘者のようでしたが、なかでも、彼が50歳の時に
開かれた誕生会の席でアメリカのニューヨーク音楽院の総長、
ジャネット・サーバー女史より彼を説得するときの言葉がとても印象的です!

 「ナポレオンはヨーロッパを征服するのに軍隊を必要としました。
でも、あなたは指揮棒一本でそれをなさったわ。私はあなたに音楽院院長
の地位と一万五千ドルの年俸を差し上げたいと思っております」

祖国を離れることに苦慮しましたが、家族会議を開き、妻の同意を経て
アメリカへ渡り、約3年間、黒人霊歌とアメリカ先住民の音楽に親しみ、
代表作の交響曲第9番ホ短調「新世界から」と、弦楽四重奏曲第12番ヘ長調
「アメリカ」を作曲したそうです。

ヨーロッパの東欧という古い国から近代国家のアメリカへ渡って書きあげた曲を
没後100年に、私の大好きな「紀尾井ホール」で聴けたことを関係者の皆様に
感謝いたします。

*バイオリニスト 五嶋みどりさん五嶋みどりのHP内にドヴォルザークについて
まとまりよく書かれていますのでぜひご覧下さい。
HP:
http://www.gotomidori.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/26

フランス語2回目

9月25日(土)

ここの教室は、隣のクラスとの間仕切りが全然ないのがおもしろい!
今回は隣りのグループが英語でしかも、かなり上級クラスって感じで、
みなさんペラペラですが、なんかちょっと緊張感あり!

私達のクラスは初級だし、先生も若くてなんか冗談ばっかりだから
ワイワイおもしろい!来週はデジカメを持って行こうかしらと思って
いるが果たして、皆さんのOKがでるかどうか?来週を楽しみに!

今回は、あいさつと何人(国籍)ですがテーマです。

1.その前に風邪を引いた人がいたので、それは。。
    J'ai le Rhume (ジュルーム)

2.元気です。ありがとう。あなたは?
    Ca Va. Merci. Et vous?

3. どういたしまして。
   Je vous en prie. (ジュ ベ・ザン プリ)

4.私は日本人です。(男性/女性)
   Je suis japonais(e). (ジュ スィ ジャポネー(ズ))

5. さようなら
   Au revoir (オ ルヴォワール)

上記以外にも国名・何人・どこにいる、と結構グローバルに
黒板に先生が絵を描いて、ここはどこ?国名の前の前置詞の
違いなど、結構盛り沢山で面白かったです!

少しずつですが、違った言語を学んで行くことは楽しいです。
イタリア語のクラスもとても和やか感じがしました。ラテン語系は
なにか言葉のリズムにも温かみがあっていいですね!

それでは、あと少しですが、Bon Week-end! (良い週末を!)

P.S: あとおもしろい注意書き看板ていうのがフランスの家の
   玄関先に貼ってあるらしい↓

    ATTENTION         猛犬に
      CHIEN      ⇔   注意!!
     MECHANT!       (いじわるな犬に注意!直訳)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/25

フィルハーモニック・アンサンブル管弦楽団(PEO): 秋の演奏会

知り合いの方が下記、演奏会で演奏されますのでそのご案内です。
ゲスト・ピアニストの小山実稚恵さんが、ショパン・コンクールで3位
を受賞したときに、ちょうどテレビで拝見しておりましたが、実際に
演奏を聴くのは初めてのことで、私も大変楽しみにしております!

以下、知人からのコメントを添付いたします。

-----------------------------------------------------------
秋の演奏会のお知らせです!

今回は、ピアニスト小山実稚恵さんをお迎えして、
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲#3」をします。

映画「シャイン」では主人公がコンクールで弾き、あまりの困難さのため、
ノイローゼになったというくらい、ピアノ曲のなかでも難曲中の難曲です。

第一楽章の華やかなカデンツア(ピアノ独奏部分)が有名です。
小山実稚恵さんとのソロ合わせはまだ1回しかしていませんが、
そのカデンツアはお預けでした。よって、オーケストラの私たちも
彼女の本番でのカデンツアを楽しみにしている次第です。

小山実稚恵さんプロフィールです。

----------------------
フィルハーモニック・アンサンブル管弦楽団(PEO)
第40回定期演奏会
----------------------

日時:2004年10月10日(日) 午後2時開演
場所:東京芸術劇場大ホール(池袋)

曲目:
チャイコフスキー「エフネギオネイギン」序曲
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第三番」(独奏:小山実稚恵さん)
プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」

指揮:小松一彦

全席指定:S席3000円、A席2500円

--------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/24

「江副育英会」第10回コンサート

2004年9月23日(祭)
新国立劇場中劇場、「江副育英会」の第10回コンサート
へ両親と聴きに行って参りました。毎年、優秀な新人の
音楽家達にスカラシップを授与し、ヨーロッパなどへ留学
などの支援をしている育英会のコンサートです。

本年は第一部が、華やかなオペラで歌劇をたっぷりと堪能
できました。第2部のピアノ部門に出演予定だった中野翔太
さんが緊急で入院されてしまい、急遽代理で若干17歳の
田村響さんが弾かれました。お若いのにリストの楽曲を
独自の解釈で滑らかに弾きこなして、「本当にまだ高校生?」
と彼のプロフィールを見返してしまうほど円熟した音色で
素晴らしかったです!

二人目のピアニストは、韓国人のイム・ドンヒュクさんで
ショパンのバラードとピアノ・ソナタを2曲力強い演奏で、
やはり楽々と弾きこなしていて、こちらも聴き応え十分でした!

先日、佐藤しのぶさんのコンサートへ行き、今まであのように素晴らしい生の歌声
を聴いたことがなかったので、もうすごく感激いたしましたが、
今日の若き芸術家たちが、将来は歌や楽器が自然にその人
そのものから滲み出るような美しい音色に成長していって欲しい、
と願いました。

若き芸術家を支援するような育英会がもっと増えると、
日本人の優秀な芸術家達が増えて、日本全体も文化的
に成長できるといいですよね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/23

モネ『睡蓮』の池

   

    

       mones_pond   

2004年7月 モネの館紀行

モネが後半の人生を費やして描いた連作『睡蓮』の池を
拝観してきました。7月の初旬だというのに、雨が降って
とても寒かったので、睡蓮のお花もあまり咲いておりま
せんでしたが、柳の木々やいろいろな樹木に囲まれた池で、
ひっそりと睡蓮が佇んでいるのをみて、実際にモネがここで
沢山の絵を描いて、またモネが感じていた同じ空気と光を
体感できたようですごく幸せでした!

『睡蓮』の作品は250点も描いたそうですが、一点一点が、
空の輝きを水辺と睡蓮の色に反映させ、その日のモネの
感情も映し出すかのように違って見えます。

また、不思議なことにその絵にある水辺の色もその日の
自分の体調によって、変化して見えるので、一見、柔らかな
タッチと色で描かれてはいますが長く見つめていると、奥深く
自分の中に語りかけてくるようで、まさに心を癒してくれる
芸術作品とは素晴らしい!と感慨も新たになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/21

モネの館

Mone

2004年7月に憧れの地、フランスのジヴェルニー地方にある
「モネの館」へ行って参りました。今年になってから、
二度にわたるモネの美術展に行き、モネの光の輝きと
透明感にすっかりと魅せられていました。そんなとき、
フランス旅行がふっと決まり、そしたらやはり、「モネの館」
まで行かなくては!とバス・ツアーでモネの領地に
足を踏み入れて参りました。当日は雨でしたが、地面が
ピンク色がかった土をしていて、道理でモネの館の表面の
壁もピンク色で、とてもその土に合っていておしゃれ!
と最初に感動した瞬間でした!

ここでは一年の内に、7ヶ月しかオープンしないというのに、
世界中から4万人の人たちが訪れるので、超人気な観光
スポットと呼べるほど、モネの愛した自然を満喫できます!

バスのガイドさんのお話によると、モネは2度結婚しまして、
モネの長男とその2番目の奥さんの長女(奥さんの連れ子)
が結婚したそうです。最初は、モネも反対したそうですが、
その長女が後々までモネの身の回りを面倒みたり、モネの
死後もお庭の管理をしてくれていたそうです。しかし、
その長女が亡くなってから、モネの実子の次男はあまり
庭の管理が好きではなく、お家にもよりつかずにパリへ
出てしまったので、かなり屋敷全体が荒れ果てたそうです。
キッチンの床下からは大きな木が生えてしまって、とても
人が住める状態ではなかったので、その次男がフランス政府
に屋敷とモネの作品を寄贈し、またアメリカ人のモネ愛好家
からの多大な寄付により今の状態まで修復されたということです。

パリのオランジュリー美術館は今年一杯、改築工事をしている
そうですが、地下のスペースにモネ専用の壁があり,そこに一連の
睡蓮の大作が展示されるそうです。来年もぜひ訪れてみたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/20

フランス語開始!

9月18日(土)より下記のスクールで
フランス語を習い始めました。とても
日本語の上手な先生で、ある人が自己
紹介のときに、「私は販売員です。」と
いいますと、「そのフランス語は古いです。
日本語では、「売り子」ですね!」と
おっしゃるじゃーありませんかぁ~!
一同、感動の嵐でしたよぉ~!

 ローランド外国語会話スクール
 http://www.ryuugaku.co.jp/

ちょっと習ったことを自分の記憶としても
下に書いておきますね!

Bonjour, je m'appele Julia.
(ボンジュール、ジュマペール、ジュリア)
こんにちは、私の名前はジュリアです。

Ca va?(ちょっとフランス文字でなくて
     すいません。)
(サバ?)
 元気?

Tres bien, merci.
(トレビアン、メルシー)
すごく元気よ、ありがとう。あなたは?

Et vous?
(エヴ?)
あなたの名前は?

Je’habite Tokyo.
(ジャビテ トキョウ)
私は東京に住んでいます。

クラス・ルームはとても小さいのですが、
英語・フランス語・スペイン語・イタリア語
など聞こえてきて、入ったとたんにすごく
インターナショナルな明るい雰囲気なんです!
ほんとに会話中心な勉強でよければ、
授業料も約6000円/月なので、とても
気軽に楽しく学ぶことができます!

これからも自分のために、こちらで習ったことを
アップしていきますね!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

向井潤吉アトリエ館

2004年9月19日(日)に向井画伯のアトリエ館へ絵の好きな
友人と行ってきました。向井邸は昔ながらの日本家屋で
お庭にはクヌギ・ケヤキの樹木などが大きな幹からしっかりと
天まで枝葉を高く伸ばしていました。

茅葺き屋根の民家をモティーフにした氏の作品は、愛情が
深くこもったタッチで藁葺きや樹木の枝一本一本も丁寧に
描かれています。

氏は3年間に渡り、ルーヴル美術館にある絵を模写をして
いたので、印象派の光の香りを感じさせる品のよい画風に
日本人の魂をその絵の中に表現しているようでした。

アトリエも日本家屋の独特な落ち着きがあり、そこで佇むと
ゆったりとして全身が癒されるようです。皆さんもどうぞ何か
そっと癒されたい、と思ったら足を運んでみてくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めまして、Juliaです♪

芸術の秋・・!う~ん、でも食欲の秋!
美味しい食物を供することと絵画や
音楽鑑賞を趣味とし、アロマテラピー
とフランス語も勉強中のJuliaです。

これからも週末にどこの美術館へ行った、
あのコンサートホールへ行った、または、
こんなアロマを使うと体がすっきりする、
なんていろいろ好きなことを書いて行き
たいので、皆さんとの情報交換もよろしく
お願いいたします!

Bonjour, enchantee.
Bienvenue!
Je suis tres heureux de vous voir!
Je m'appele Julia.

Hi, everyone!
I'm pleased to open this page!
I hope you could enjoy with my
favorite things.. such as going
to Museum, Concert Hall and
Fantastic Cafe and Restaurants!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年10月 »